日本自動車メーカーのブレグジット・ショック

25060445_-xlarge英国の欧州連合離脱が決まった国際投票結果は多くのビジネス代表者達を唖然とさせた。このために英国に工場を持っているトヨタ、ホンダや日産などの日本自動車会社達にに大きな影響があるかもしれない。

彼らは作業の一部分か全てをヨーロッパの他の場所へ移転するかもしれない。ファイナンシャルタイムズはトヨタやホンダはもしイギリスで製造されてヨーロッパで販売される車に欧州連合が徴収するようになったら75%の確率で製造を英国から抜き出すと報告した。日経はトヨタの予想は関税が10%上昇するということで、それは売上にも利益にも影響を与える。ダービーシャー州で主要な工場を置いているトヨタは新しいハイブリッド・モデルは英国で造らないだろうとタイムズはいう。

イギリスの東北で7,000人を雇う日産にはパートナー会社のルノーから幾つかの作業をフランスへ移動せよという圧力が増加しているとタイムズは報告した。そしてそれは日産のリーフ電気自動車の製造に影響を与えると報告した。

ウォールストリートジャーナル紙は野村證券が日本の代表的な自動車製造者7社の売り上げ予測をブレグジット後に低くしたと報告した。 しかし野村のアナリストの桾本正孝はイギリスとヨーロッパ間での苦痛な貿易戦争は予想していない:「英国とヨーロッパ間での自動車貿易は大量なためにそのようなリスクは小さいであろうし、関税向上の両側にとっての否定的な影響もある。」

ブレグジッド後に、ポンドが下がり日本円が上がった。円はポンドと比較的には去年から30%上回っている。ポンドの値下がりはイギリスからの輸出を安くし、それは英国を拠点とする製造者にとって利益のある可能性のあることである。したし多くの投資者はポンドから日本円も含める他のいわゆる安全な通貨に投資金を移動している。自動車メーカーも含める日本からの輸出者にとって円高は困難なものとみられている。

「ポンドの低落は輸出の競争をもっと激しくするので売上を押し上げてそれと共にイギリスでの生産も増えるであろう」、とアストン大学のデイビット・ベイリー教授はデイリー・テレグラフに語った。「しかしそれは部品の輸入の値上げともなる、そして英国製の車の部品は70%あたりが輸入品である。」

ベイリー教授は国際投票で離脱派の人達が要求したヨーロッパとイギリス間での自由な労働移動の停止の自動車企業への影響について警告をした。彼は「英国の自動車企業は30,000の求人がありヨーロッパからの熟練労働者を雇わなければならないのである。」と言った。[:]

US軍の在日に対しての大集団抗議運動

300AC611-16E8-4620-AB13-4B361A1FD3F2_cx0_cy6_cw0_w987_r1_s_r1
数万人の人たちがアメリカ軍の存在に対しての怒りをこめた抗議デモに参加した。

その一方、あるロシアの代表団は第二次世界大戦以来平和条約の行き詰まりを打開するために東京に歓迎されている。

日本の敗戦後すぐにアメリカは日本を基地として使いだした。

4万7千人の在日アメリカ駐留軍の内3万人近くが小さな熱帯の島沖縄に滞在している。経済的に貢献はしているが地元の人たちは彼らの存在を不快に思っている。

その怒りは5月に元米国海軍が地元の女性の死に関わった理由で逮捕された後もっと深刻になった。

先週末6万5千人以上の人たちが沖縄での米国海軍滞在に対してのデモに参加した。その数日後、7千人が東京の議会の傍でデモを行った。

日本政府は沖縄基地の評判は良くないということは認識しているが受け入れる以外何もできない。日本内での大きい軍滞在の見返りに米国は味方である日本を侵略から守ってくれるという約束がある。

最近、阿部首相が新たに取り上げた日本軍が米国も含めた軍事同盟国を守るというセキュリティーの法律以来、アメリカとの防衛関係は強まっている。

これらの法律は日本憲法に絡まんだ平和主義の概念を広い意味で訳していて不人気である。調査によると日本人口半分以上がそれらに反対している。

しかし防衛の必要は今週の北朝鮮のミサイル発射でさらなり明らかにされた。

日本の中谷防衛大臣は日本への脅しは強まってきていると返答した。

公式な通報によると北朝鮮の金正恩は「我々は太平洋にある米軍領土を全面的かつ実際に攻撃する能力を確保した」といったということだ。

そんな交戦の中日本はできる限り周りの国との平和を保ちたいと祈っている。

日本と韓国は直通リンクも含む両国の防衛省内での緊急通信システムを拡張するという合意につい最近達した。

さらに日本はベトナム、インドネシアや他の南シナ海付近の国とのもっと良い軍事関係を求めている。

これをより複雑にするのは日本が韓国、ロシアと中国とともある島々の領土に関してもめているということである。

しかし北朝鮮からのさらなる圧力とアメリカへ対して高まっている不満の気持ちの中日本の外交官は隣国が敵国とならないように頑張っている。[:]

マスコミの嵐が東京知事を掃出す

n-masuzoe-a-20160607-870x575

日本で最も有名な政治家の内の一人の辞任は毎週発行されているゴップ雑誌、週刊文春の力を思わせた。

東京都の知事である舛添要一は経費のスキャンダルの末辞任したと強力な人達の裏話を専門とするその雑誌は公開した。

その雑誌は金を支払い秘密の技を使って有名人に関したニュース手に入れるのだがスキャンダルが大きければ大きいほどいい。

プライバシーや階級組織などにとても敬意を示す国なのにこの週刊雑誌のレポーター達はルール違反をしてまでも記事を収集している

ほとんどの人は週刊文春などの雑誌に載っている記事は信じないと言うが、他のマスコミの記者たちがその舛添氏に対しての疑いを新聞やテレビで繰り返し報道した。

ソーシャルメディアもそのゴシップを広ませた。

舛添氏に対しての主張はまず四月に雑誌に四月に載せられた。それは彼が政治用の費用を個人用のホテル滞在、食事代や美術品のために使っていたという主張を含んだ。

舛添氏はお金の会計に幾つかの間違いはあったが全ての支出は正当であったと言い張った。

しかしながらマスコミは盛り上がり、彼が辞める直前の世論調査は知事に対して97%の不支持率を示した。

これは週刊文春が漏らしたスキャンダルによる今年三回目の辞任である。

まずは経済産業大臣の甘利明が堕落の疑惑の後辞任した。

数週間後、雑誌は宮崎謙介という国会の一員が妻が子供を産む数日前に不倫をしていると報告した。それは優しい家庭的な男といった彼のイメージを崩した。

甘利氏と宮崎氏は日本の外ではほとんど知られていなかったが、舛添氏は注目を集めていた人だったので彼の辞任は国際的に大きなニュースとなった。

記事の幾つかは結構判断を下していた。デイリー・テレグラフは「知事は傲慢で権利意識を見せている。」と観察した。

それは私が舛添氏と去年ロンドンでの会議で出会ったとき受けた印象とはとても違う。彼の素晴らしい英語と楽しさがすごいと思った。

しかし、都知事のロンドンも含んだ海外出張は、彼がファーストクラスに乗り従業員の人達をビジネスで飛ばせたので高額であった。

ジャパンタイムズは9回の海外出張が二億円を超したといった。

添氏の活気力と楽しさが東京の投票者の目をひいたのだ。人は彼が信頼出来て誠実な人であることも願っていた。特にそれはその前の東京知事もスキャンダルのせいで2013年に辞めているからでもあるがろう。舛添氏は全国放送のテレビや他のメディアなどで「金権政治」を大声で批評していた。彼は大学教主の誠実なイメージを自分のために彫り上げた。

政治家の辞任は日本のイメージを良くはしない。海外の読者たちは広まった堕落は日本政治の特質であるという印象を受けるであろう。

でも舛添氏に対してのみんなの意見は、日本社会を囲めている礼儀正しさと敬意をよく粉砕する雑誌である週刊文春から来ているということを覚えていてほしい。

Click here to Reply or Forward

中国の戦艦が日本での恐怖感を高める

1485926844243322004
中国はまたもや日本政府から強く批判され、既に日本広々でよくない中国の印象を余計ひどくすることになった。

この批判は中国海軍艦艇が日本と中国間の島々にの近くを通ったあとにでた。

日本が尖閣諸島と呼び、中国がディアオユと呼ぶこれらの島達は長年のこと揉めるきっかけとなっている。

「このようなことが緊張感をもっと高めてしまうのではないかが心配だ」と内閣官房長官 の菅義偉が東京での記者会見で発言した。

日本と中国間でのその島々に関しての対立はいつでも大きなマスコミの注目を得るがそれは武装の対立になる恐れのためである。

その話が広まるにつれ、時事通信社などの新聞社は国際的な観客を前に日本と中国内間の緊張感は危ないレベルまで上がっていくと示唆している。

中国のマスコミは恐怖の炎を煽り立てる。CBSによると中国が日本の海岸周囲の領土権を確保しようとしているといった話題などが中国テレビにずっとかかっているという。

領土権についての対立の他に日本と中国はまだ度々20世紀の歴史の解釈に関してもめることもある。

日本人はもう後悔し、あやまったと思っているのにかかわらず、中国は日本帝国の歴史を批判し続ける。

日本人は中国が頻度に歴史的に悲惨な出来事を自国の政府関係、特に中国共産党の確証のためなどに使っていると思っている。

今週戦争の事を明確に思い出させる出来事が起こった。第二次世界大戦の時に炭鉱で中国人を強制労働のために扱った日本会社が何千人もの被害者と彼らの家族に誤り、賠償すると合意した。

中国や朝鮮半島などからの労働者を雇う数十個の日経会社の一つである三菱マテリアルは生き残っている被害者と死者の家族全員に100,000元(US$15,000)ずつ支払うといった。

歴史や領土関係の論争問題以外には中国と日本の企業関係は強い。 史上最上の旅行者数が今が日本を訪れていて彼らの派手な買い物習慣はめでたく受け入れられている。

ジャパンタイムズは今週、東京で毎週日曜の午後に開催されている中国語言語交換会に参加されている人達の親しい仲についての記事を出版した。

「日本国民のほとんどは敵意を持たず戦争に反対している。」とそのイベントに参加した若い中国人の学生、フー・ジユンが言った。彼は日本人友達と喋ったときの印象は中国のテレビから受け取る印象とは違うと言った。

新聞は日本で長期滞在してるデュアン・ユエゾングとも話した。「両方の国のほとんどの人々は互いの国についての情報を一般的にマスコミから得るもので、それは事実から離れているので信頼感を衰えるという影響がある。」と彼は言った。