なぜ安部晋三はスーパーマリオの格好をしていたのだろう?

shinzo-abe-mario_759_rtr日本の首相安部晋三がブラジルでのリオ・オリンピック閉会式の最後にスーパーマリオの格好で土管の中から出てきたことは重要なメッセージを送った。

まず彼は時折中国や韓国メディアから恐いナショナリストとして描写されることがあるので彼は自身が面白く、親しみやすい人物である事を表したかったのである。

次に、彼は日本のスーパーセールスマンと勤勉な事業の支持者としての彼のイメージを強化しようとしていたのである。

安部晋三が現れるとすぐに、立ちながらにマリオの衣装は脱げ落ち、彼は落ち着きのあるスーツ姿へと変わった。

安倍晋三は、豊かな日本は世界貿易の中心にあると考えている。彼は大企業の喜びのために環太平洋パートナーシップの日本のメンバーシップを力説した。

しかし、安部首相のTPPプロジェクトに対する公約は保守的で保護貿易論者である彼に期待する多くの人を困惑させる原因になった

安倍首相に反する者は、グローバル化に向けた動きを通し彼の裏切り行為と非難した。農家は彼らの保護するモノが外国との競争から引き下がることによって彼らの生活を奪うであろう取引を恐れていた。

日本は自由貿易取引をEUまた、中国と韓国と共に目指し続けている。それらの2つの国において、安部首相の意向の別の側面日本に対し世界政治情勢の中で大きな役割を果たすこれは時々不安の原因である。特に敏感になるのは、安部首相の海外と戦うことを可能にするために日本国憲法の一因である平和主義を改革する計画の提案である。

安部首相は彼自身で裸のナショナリズムに対し警告を出していた、それは幾分か彼のグローバル化された世界観に対立するように思える。

しかしながら、貿易の面での取引で重要な事は日本のイメージ。日本企業の成功は、政治によって引き起こされたいかなる混乱なしに、商品やサービスを消費者に提供するその企業の能力次第である。

最善の道は、インドのアンドラ(Andhra大学で三菱商事株式会社によって取られたような控えめなものである。そこでの日本文化センターは生徒へ緑茶や穏やかな折り紙アートの講義を提供する。このような状況の中で、日本を促進することは近隣国に親しみやすい一面を示すということである。それともしかすれば任天堂64でスーパーマリオのゲーム遊びをすることに誘う、ということも。

アベノミクスは停滞している、と蓮舫語る

renho2日本のお金の無駄使いを停止しようとしている根強い定評のある女性が、安部晋三首相に対して先駆ける挑戦者として期待している。

ロイターは蓮舫氏が、明確的に人気ある日本最大の野党、民主党初の女性リーダーになると言っている。

彼女は最近貧弱な選挙結果の後に辞任を発表した岡田克也氏の後を継ぐことを望んでいる。

蓮舫氏(48)は、台湾人の父と日本人の母を持ち、公共の場では1つの名前のみを使用している。

彼女は、安倍晋三首相の「アベノミクス」政策は停滞しており企業よりも人を優先するために歯車の変化が必要である、とロイターに語った。

それはジャパントゥデイのあるコメンテーターのこのような批判へとつながった:「アベノミクスは失速しているということは、ガソリンを使い果たしたためにあなたが押し動かしていたガチャガチャと音を立てている車が止まった理由は、あなたが疲れたために押さなくなったからだ、ということと同様である。」

蓮舫氏は白いスーツや官僚への強気なアプローチで知られている。

実際には民主党が2010年に政府にいたとき、彼女は内閣の一人であった。ジャパンタイムズは、当時蓮舫は納税者のお金を無駄にしたと思った官僚といくつかの激しい一対一の戦いであった、と主張した。

全体的に弱い民主党に限らず蓮舫氏の個人的な、特に女性の有権者からの、人気はすごい。

彼女の党執行部へのチャレンジは性別がしばしば政治議論に関係している時にある。

今年、日本における女性の参政権の創立70周年を迎えた。第二次世界大戦後、日本の女性は、投票やオフィスに立候補する権利を獲得した。しかし、70年後でも、日本の議会の両院で女性代表は、多くの統計的測定によると低いままである。

しかし今年、他二人の女性政治家が注目されている。そのうちの一人は、夏に東京初の女性知事となった小池百合子。

東京は2020年のオリンピック開催地となるので彼女は世界へ向けての日本人の顔一つとなるであろう。

別の高プロファイルの方は防衛大臣の稲田朋美氏。。フィナンシャル・タイムズ紙は彼女を“日本のジャンヌダルク”と呼んでいる。

その防衛の職につくずっと前にに稲田氏は、日本は核兵器で自身を武装することを検討すべきであるとメディアは報告している。

今週防衛省が新たなミサイルのための資金も含む歴史上最大の約5,16兆円(£390億)の予算を要求しているということが発表された。もちろんミサイルは核兵器で武装されないであろうけど。

もし蓮舫が野党のリーダーになったら彼女は間違いなく稲田氏に対してストラテジーやコスト案に関して強気に問うであろう。

日本を過労死の宿命から救う

96958A9C93819695E1E2E2E6838DE2E3E3E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXBZO4904270001122012I00002-PB1-4日本の首相安倍晋三、日本共産党と日本銀行は一つの原則に合意します; 日本人は仕事への体制を変更した方がいい。

安部首相によると、労働改革は日本の「最大の課題」である。東京の日本銀行の代表人たちと最近会った際に、それは黒田知事の最優先事項でもあると話していた。

政治的分裂の反対側には日本共産党があり彼らは完全に安部政権を引き下ろすという目的がある。

彼らは職場での問題について純然たる説明をしている。「大企業の専制ルールの下では労働者が長い営業時間と過剰な労働に影響され過労死(オーバーワークが原因で死に至ること)につながる可能性があります。」

共産党は強制残業の問題、従業員としての女性の参加の欠如や、雇用保障の欠如について苦言している。これは多くの懸命な日本人から感情的な反応を引き起こし、彼らが国会の参議院で14議席を獲得した理由の説明となるかもしれない。

過労死はまれであるが、多くの人々は子供や高齢者の親族のケアと仕事のバランスを取るなどというの苦難に直面している。民間企業で出世を考えている従業員は、頻繁に1日10~15時間ほど働くはずであると思われている。通勤と仕事の後の付き合いの後には、ほとんどは女性がこなす家事をやる時間などほとんど残らない。日本人男性は先進国の男性達の中では最小量の家事のお手伝いをやる。

外人投資家は日本人男性が浴室を掃除するか、または食器を洗うかなどということは得に気にていない。しかし彼らは非効率的な日本人の作業の習慣が日本経済を食い止めるのではないかと、心配している。ワシントンとカリフォルニア州に米国のオフィスをもつ独立系投資顧問のフィッシャー・インベストメンツ氏からの意見を用いる。彼らの最近の日本についてのレポートはこれに対して不満:“新たな労働者を雇うことは勧めなく互いの企業競合を落胆させたりする複雑な労働規約や競争を阻止する強力な既得権益者によって促進される保護主義的規制。”

安倍氏は物事を変えたがっている。今月初め、彼は同一労働同一賃金の確保や最低賃金の引き上げなど、確実なフルタイムではない労働者を支援することに重点を置いた法案を発表した。

他の改革は、このような過度の労働時間を削減し、在宅勤務を奨励し女性の労働参加を高めることを目指している。これらの労働改革はアベノミクスの第三の矢の一部を形成する –それらは実際、多くのターゲットに向けた小さな矢がたくさんある。最終的な目標は目覚ましい日本国内の社会変化、しかしその過程の想定は簡単なことではない。

アベノミクス、海外メディアをろうばいさせる

n-poll-a-20160805-870x625アベノミクス、海外メディアをろうばいさせる

日本の財政は多くの借金を抱え、それに陶酔している首相によって窮地に立たされている。

これらは今週の国際プレスで登場した内閣総理大臣、阿部晋三、の経済政策アベノミクスを描写した驚くべき画像の二枚。

アベノミクスは常に多くの外国メディアから革新的でも効果的でもないと批判されている。首相の最新支出発表は全般的に「期待外れ、がっかり」と言われた。

外国報道での一般的な見解は今週は発表されたような財政刺激策はであり、日本経済の問題を解決するために無駄の多いプロジェクトに借金を使うという長期のつまらなく失敗の試行の一部である。

主な重要批判は、これはこれまで以上に日本の借金が上げ、また日本の社会編成に関する基本的な問題に対処しないということである。

財政の窮地のアイディアは、日本がこのような支出を維持した場合いつかお金はなくなりそして日本経済は絶壁に立たされ恐ろしいことになりその後急落する、ということからきている。。

支出は借りたお金からのものでありむしろ税からであるので、それを維持することはできない、ということから政府が「お金に陶酔している」という主張がある。

だからバロンズアジアは安部首相は酔っ払い又はドラッグ使用者の様であり彼にとっての問題を悪化させていると述べた。

このような批判を意識しているにも関わらず、安部首相は日本の景気後退を改善させそれを維持することを期待しながら、プロジェクトにお金を費やすことを続けている。

この政策は安部氏の支持者の中では人気がある。

ブルームバーグは、最新の支出には、クルーズ船のためのより良い港湾施設の提供、そして、高速リニアモーターカーラインの建設を加速するための資金が含まれていると説明した。

そこには地震での被災地を支援し復興させるための相当な金額も含まれている。

そしてその金額の大部分は高齢化社会問題に対処するためのものである。例えば働きたい母親のために子供の育児費用を支払ったり。もっと多くの女性達に働いてもらうというとは退職者数との均衡を保つ一つの方法である。

なので日本人の考えではアベノミクスが本当に試されるのは、どのようにして上手く女性や高齢者を含んだ全社会に利益をもたらす政策になるかである。

一連の複雑な問題に対して完璧な解決法であるとは少数の日本人しか考えていない。しかしそれが日本の負債を減らす為には何もしないにも関わらずそれがふさわしいアプローチとして彼らは受け入れでいる。