日本銀行の信頼性は危機に直面[:]

http-%2F%2Fcom.ft.imagepublish.prod.s3.amazonaws日本銀行は、フィナンシャル・タイムズ紙によると、信頼性が危機的状況である。

日本経済を活性化しようとするために使用している戦術はまだ機能しておらず、対処不可能と思われる約束をした。

そのため、銀行と黒田東彦知事への信頼は、日本国内と海外の両方から失われている。

日本銀行は“2年以内に”日本のインフレ―ション率を2%上げることを約束しました。銀行の元政策立案者、白井さゆり氏は、日本は二十年以上それほど高いインフレーションに達していないと指摘した。彼女は今がインフレーション・ターゲットを1%にカットする時であると信じている。

その方法は日本銀行がインフレを作成しようとしていることにより、-0.1%のマイナスの基準金利を含みます。これは効果的システムに自身の現金を維持するために、銀行のお金を補充し、消費者や企業に多くを貸し、それらを促進するように設計されています。

しかし、フォーブス・アジアは、政策が融資を阻止すると主張しています。イナスの金利はすぐ-0.2%から-0.1%に増加させることができるだろうと推測しています。発表は9月21日の銀行の政策会合によるものである。

負の金利は、銀行に貯蓄の為にお金を入れている多くの高齢の人々からは歓迎されない。日本は世界で最も高い国の貯蓄率のひとつである。

陰性率は、日本の政策の銀行の中で最も高価なものではない。これは現在、日本国債80兆円($780億)を1年で買っている。

時々、量的緩和として知られている政策は、システムにお金をあふれさせるように設計されている。; “お金の印刷”ジャーナリストは時にそれを参照する。しかし、それは政府が将来に支払わなくてはいけない借金の山に追加される。また、政府が借入に資金を供給するために、銀行を使用することによって、システムを中断する。

ほとんどの人にとって、膨大な数の専門用語は、複雑な金融政策を把握するのを困難にする。しかし、誰もがより高いインフレと持続的な経済成長の目標は、まだ満たされていないと考えている。

これは日本の銀行と緊密に協力している日本の安倍晋三首相の信頼性を失う。

人々は政府と中央銀行の両方で信頼を失った場合、皮肉の環境をつくるだろう。もちろん、日本は2008年の金融危機後の経済混乱への対応に苦労するただひとつの国ではない。

しかし、他の国は彼らが崩壊した約束と不信の証跡を残す場合、日本の政策を真似することはないであろう。

[:]

北朝鮮がミサイル発射で“火遊び”

Unknown-20北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)総書記は、北朝鮮人民軍に核兵器開発計画を推し進めるよう呼び掛けた。これは北朝鮮が今週、日本海へ向け弾道ミサイル3発を発射した後に行われた。

日本の安倍晋三首相はミサイル発射を「言語に絶する暴力行為」と非難した。

韓国のソウルにある北朝鮮研究大学の柳吉在(リュ・ギルジェ)教授によると、北朝鮮は今年初めに核実験を行ったが、今やその狙いは核兵器を小型化し、ミサイルに装着できるようにすることにある。

柳教授は2013年から15年まで韓国の統一部長官を務めていた。

今週、ロンドンの王立国際問題研究所でスピーチを行った同教授は、現在の状況を“爆発寸前”と形容し、金正恩氏を「いつ何時にも発火する恐れのある火器で遊ぶ子供のよう」と例えた。

また、北朝鮮の脅威は冷戦時代の最盛期にも匹敵すると発言。金氏の目指すところは自らの権力を確固たるものにし、2011年に死去した父親の金正日(キム・ジョンイル)氏の統率力との差別化を図ることだとした。

柳教授は、自身は国連による北朝鮮への制裁措置を支持しているが、北朝鮮は体制に大きな影響を与えることなく何年にもわたりこの制裁に持ちこたえてきたと主張。また、首都の平壌(ピョンヤン)近辺では経済状況が改善してきた兆しが見えるものの、地方は貧困にあえいでおり、人道的援助が必要だと付け加えた。

私は同教授に、北朝鮮に関する日本や韓国、中国からは一貫性のあるメッセージが発信されていると信じるか尋ねてみたところ、教授はこれら3国は大まかな部分では合意しているが、見解はそれぞれ異なる、それは特に日本と韓国が米国の同盟国であるからだと答えた。

柳教授は日本に対し、北朝鮮の攻撃に備えるため、ミサイル防衛システムを配備するべきだと訴えている。

教授は北朝鮮の指導者が変わる2つのシナリオを提示してくれた。一つは“暗殺やクーデターによって”。だが“その可能性は高くはないだろう”と付け加えている。

もう一つのシナリオは、北朝鮮がより開かれた国になり、国民が自分たちを他国の国民と比較することができるようになること。そうなればこれは市場志向型経済の萌芽が生まれ、最終的には現体制を徐々に崩壊させることにもつながる。しかし、これに対しても教授は“現時点でそれは起こるとは思えない”としている。

柳教授は、自分の望みは韓国と北朝鮮が統一されるのを目撃し、アジア地域の平和と発展に貢献することだと繰り返すが、一方でそのゴールはあまりにも遠いように思えるとも語る。

今週、日本と韓国の両首脳はソウルで会談を行い、北朝鮮のミサイル発射を非難。また、過去に両国を分裂させた“慰安婦問題”に関する進展がみられたとも発表している。

 

なぜ安部晋三はスーパーマリオの格好をしていたのだろう?

shinzo-abe-mario_759_rtr日本の首相安部晋三がブラジルでのリオ・オリンピック閉会式の最後にスーパーマリオの格好で土管の中から出てきたことは重要なメッセージを送った。

まず彼は時折中国や韓国メディアから恐いナショナリストとして描写されることがあるので彼は自身が面白く、親しみやすい人物である事を表したかったのである。

次に、彼は日本のスーパーセールスマンと勤勉な事業の支持者としての彼のイメージを強化しようとしていたのである。

安部晋三が現れるとすぐに、立ちながらにマリオの衣装は脱げ落ち、彼は落ち着きのあるスーツ姿へと変わった。

安倍晋三は、豊かな日本は世界貿易の中心にあると考えている。彼は大企業の喜びのために環太平洋パートナーシップの日本のメンバーシップを力説した。

しかし、安部首相のTPPプロジェクトに対する公約は保守的で保護貿易論者である彼に期待する多くの人を困惑させる原因になった

安倍首相に反する者は、グローバル化に向けた動きを通し彼の裏切り行為と非難した。農家は彼らの保護するモノが外国との競争から引き下がることによって彼らの生活を奪うであろう取引を恐れていた。

日本は自由貿易取引をEUまた、中国と韓国と共に目指し続けている。それらの2つの国において、安部首相の意向の別の側面日本に対し世界政治情勢の中で大きな役割を果たすこれは時々不安の原因である。特に敏感になるのは、安部首相の海外と戦うことを可能にするために日本国憲法の一因である平和主義を改革する計画の提案である。

安部首相は彼自身で裸のナショナリズムに対し警告を出していた、それは幾分か彼のグローバル化された世界観に対立するように思える。

しかしながら、貿易の面での取引で重要な事は日本のイメージ。日本企業の成功は、政治によって引き起こされたいかなる混乱なしに、商品やサービスを消費者に提供するその企業の能力次第である。

最善の道は、インドのアンドラ(Andhra大学で三菱商事株式会社によって取られたような控えめなものである。そこでの日本文化センターは生徒へ緑茶や穏やかな折り紙アートの講義を提供する。このような状況の中で、日本を促進することは近隣国に親しみやすい一面を示すということである。それともしかすれば任天堂64でスーパーマリオのゲーム遊びをすることに誘う、ということも。

アベノミクスは停滞している、と蓮舫語る

renho2日本のお金の無駄使いを停止しようとしている根強い定評のある女性が、安部晋三首相に対して先駆ける挑戦者として期待している。

ロイターは蓮舫氏が、明確的に人気ある日本最大の野党、民主党初の女性リーダーになると言っている。

彼女は最近貧弱な選挙結果の後に辞任を発表した岡田克也氏の後を継ぐことを望んでいる。

蓮舫氏(48)は、台湾人の父と日本人の母を持ち、公共の場では1つの名前のみを使用している。

彼女は、安倍晋三首相の「アベノミクス」政策は停滞しており企業よりも人を優先するために歯車の変化が必要である、とロイターに語った。

それはジャパントゥデイのあるコメンテーターのこのような批判へとつながった:「アベノミクスは失速しているということは、ガソリンを使い果たしたためにあなたが押し動かしていたガチャガチャと音を立てている車が止まった理由は、あなたが疲れたために押さなくなったからだ、ということと同様である。」

蓮舫氏は白いスーツや官僚への強気なアプローチで知られている。

実際には民主党が2010年に政府にいたとき、彼女は内閣の一人であった。ジャパンタイムズは、当時蓮舫は納税者のお金を無駄にしたと思った官僚といくつかの激しい一対一の戦いであった、と主張した。

全体的に弱い民主党に限らず蓮舫氏の個人的な、特に女性の有権者からの、人気はすごい。

彼女の党執行部へのチャレンジは性別がしばしば政治議論に関係している時にある。

今年、日本における女性の参政権の創立70周年を迎えた。第二次世界大戦後、日本の女性は、投票やオフィスに立候補する権利を獲得した。しかし、70年後でも、日本の議会の両院で女性代表は、多くの統計的測定によると低いままである。

しかし今年、他二人の女性政治家が注目されている。そのうちの一人は、夏に東京初の女性知事となった小池百合子。

東京は2020年のオリンピック開催地となるので彼女は世界へ向けての日本人の顔一つとなるであろう。

別の高プロファイルの方は防衛大臣の稲田朋美氏。。フィナンシャル・タイムズ紙は彼女を“日本のジャンヌダルク”と呼んでいる。

その防衛の職につくずっと前にに稲田氏は、日本は核兵器で自身を武装することを検討すべきであるとメディアは報告している。

今週防衛省が新たなミサイルのための資金も含む歴史上最大の約5,16兆円(£390億)の予算を要求しているということが発表された。もちろんミサイルは核兵器で武装されないであろうけど。

もし蓮舫が野党のリーダーになったら彼女は間違いなく稲田氏に対してストラテジーやコスト案に関して強気に問うであろう。

日本を過労死の宿命から救う

96958A9C93819695E1E2E2E6838DE2E3E3E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXBZO4904270001122012I00002-PB1-4日本の首相安倍晋三、日本共産党と日本銀行は一つの原則に合意します; 日本人は仕事への体制を変更した方がいい。

安部首相によると、労働改革は日本の「最大の課題」である。東京の日本銀行の代表人たちと最近会った際に、それは黒田知事の最優先事項でもあると話していた。

政治的分裂の反対側には日本共産党があり彼らは完全に安部政権を引き下ろすという目的がある。

彼らは職場での問題について純然たる説明をしている。「大企業の専制ルールの下では労働者が長い営業時間と過剰な労働に影響され過労死(オーバーワークが原因で死に至ること)につながる可能性があります。」

共産党は強制残業の問題、従業員としての女性の参加の欠如や、雇用保障の欠如について苦言している。これは多くの懸命な日本人から感情的な反応を引き起こし、彼らが国会の参議院で14議席を獲得した理由の説明となるかもしれない。

過労死はまれであるが、多くの人々は子供や高齢者の親族のケアと仕事のバランスを取るなどというの苦難に直面している。民間企業で出世を考えている従業員は、頻繁に1日10~15時間ほど働くはずであると思われている。通勤と仕事の後の付き合いの後には、ほとんどは女性がこなす家事をやる時間などほとんど残らない。日本人男性は先進国の男性達の中では最小量の家事のお手伝いをやる。

外人投資家は日本人男性が浴室を掃除するか、または食器を洗うかなどということは得に気にていない。しかし彼らは非効率的な日本人の作業の習慣が日本経済を食い止めるのではないかと、心配している。ワシントンとカリフォルニア州に米国のオフィスをもつ独立系投資顧問のフィッシャー・インベストメンツ氏からの意見を用いる。彼らの最近の日本についてのレポートはこれに対して不満:“新たな労働者を雇うことは勧めなく互いの企業競合を落胆させたりする複雑な労働規約や競争を阻止する強力な既得権益者によって促進される保護主義的規制。”

安倍氏は物事を変えたがっている。今月初め、彼は同一労働同一賃金の確保や最低賃金の引き上げなど、確実なフルタイムではない労働者を支援することに重点を置いた法案を発表した。

他の改革は、このような過度の労働時間を削減し、在宅勤務を奨励し女性の労働参加を高めることを目指している。これらの労働改革はアベノミクスの第三の矢の一部を形成する –それらは実際、多くのターゲットに向けた小さな矢がたくさんある。最終的な目標は目覚ましい日本国内の社会変化、しかしその過程の想定は簡単なことではない。

アベノミクス、海外メディアをろうばいさせる

n-poll-a-20160805-870x625アベノミクス、海外メディアをろうばいさせる

日本の財政は多くの借金を抱え、それに陶酔している首相によって窮地に立たされている。

これらは今週の国際プレスで登場した内閣総理大臣、阿部晋三、の経済政策アベノミクスを描写した驚くべき画像の二枚。

アベノミクスは常に多くの外国メディアから革新的でも効果的でもないと批判されている。首相の最新支出発表は全般的に「期待外れ、がっかり」と言われた。

外国報道での一般的な見解は今週は発表されたような財政刺激策はであり、日本経済の問題を解決するために無駄の多いプロジェクトに借金を使うという長期のつまらなく失敗の試行の一部である。

主な重要批判は、これはこれまで以上に日本の借金が上げ、また日本の社会編成に関する基本的な問題に対処しないということである。

財政の窮地のアイディアは、日本がこのような支出を維持した場合いつかお金はなくなりそして日本経済は絶壁に立たされ恐ろしいことになりその後急落する、ということからきている。。

支出は借りたお金からのものでありむしろ税からであるので、それを維持することはできない、ということから政府が「お金に陶酔している」という主張がある。

だからバロンズアジアは安部首相は酔っ払い又はドラッグ使用者の様であり彼にとっての問題を悪化させていると述べた。

このような批判を意識しているにも関わらず、安部首相は日本の景気後退を改善させそれを維持することを期待しながら、プロジェクトにお金を費やすことを続けている。

この政策は安部氏の支持者の中では人気がある。

ブルームバーグは、最新の支出には、クルーズ船のためのより良い港湾施設の提供、そして、高速リニアモーターカーラインの建設を加速するための資金が含まれていると説明した。

そこには地震での被災地を支援し復興させるための相当な金額も含まれている。

そしてその金額の大部分は高齢化社会問題に対処するためのものである。例えば働きたい母親のために子供の育児費用を支払ったり。もっと多くの女性達に働いてもらうというとは退職者数との均衡を保つ一つの方法である。

なので日本人の考えではアベノミクスが本当に試されるのは、どのようにして上手く女性や高齢者を含んだ全社会に利益をもたらす政策になるかである。

一連の複雑な問題に対して完璧な解決法であるとは少数の日本人しか考えていない。しかしそれが日本の負債を減らす為には何もしないにも関わらずそれがふさわしいアプローチとして彼らは受け入れでいる。

安倍首相は日本を右傾化させているのか

http-%2F%2Fcom.ft.imagepublish.prod.s3.amazonaws

安倍首相は、第二次大戦中に日本は何ら悪いことをしていないと信じきっているというのは、果たして本当なのか。

タイムズ紙のリチャード・ロイド・ペリー記者は、これが事実であると主張する。

安倍首相のナショナリズムを評価するにあたり、ロイド・ペリー記者は、首相の見解とは以下のようなものであると述べている。「日本は戦時中に何ら悪いことはしなかった。または西洋の宗主国と同様のことしか行わなかった。帝国陸軍が行ったものとして伝えられている残虐行為とは、日本の敵国によるでっち上げである。」

もし、これが本当に安倍首相の考えなのであれば、極右の意見とほぼ一致する。こうした見解は、黒い街宣車に乗ってプロパガンダをまき散らすネオ・ファシストと呼ばれる人々の考えと似通っており、大多数の日本人が眉をしかめるような内容のものだ。

しかしながら、安倍首相はつい先日行われた選挙で勝利を収めたばかり。つまり、多くの有権者は、彼を過激主義者とは見なしていないと言える。一般的には中道右派とされている自由民主党は、先の参議院で安定過半数を得た。支持を固めたことで、安倍首相はようやく日本国憲法の第9条を改憲する準備を始めることができるのだ。

改憲を目指す安倍首相の提案に対して、今では日本経済新聞の傘下に入ったフィナンシャル・タイムズ紙の社説は一定の理解を示している。「世界情勢の変化に応じて、国家安全保障体制を適応させるという考えは理にかなっている。ただし安倍首相は、まず日本の国民に対してこの問題を明らかにしなければならない。」

フィナンシャル・タイムズ紙は、加えて外交問題評議会のシニア・フェローであるシェリア・スミス氏の意見も紹介している。彼女の見解によれば、いかなる内容であれ、改憲により日本における個人の権利が拡大されるのではないかとの懸念がある。そうした権利の中には、日本の国民が今は当然のものと考えている宗教、仕事、抗議運動やそれらの関連手続きについての選択に関するものが含まれるという。

安倍首相が改憲を考えており、さらには議会の支持を得ているのだとしても、彼はさらに国民の支持を得なければならない。言い換えれば、国民投票を実施する必要がある。

日本はこれまで国民投票を実施したことがない。そして、実施すれば、国家を分裂の危機にさらすことになる。エコノミスト誌は次のように主張している。「安倍首相の側近たちは、首相に対して、早期の改革を推進しないように求めている。土台作りなしに国民投票を行えば、国を分裂させ、また思いがけない結果を生むということを英国のEU離脱決定が知らしめたからである。」

安倍首相のような用心深い政治家にとって、首相を窮地に追い込みかねない国民投票の実施は、多大なリスクとなる。しかしながら、日本が世界においてより主体的な役割を負うべきという彼の長期的な目標のために、安倍首相がそのリスクを負う可能性が全くないとは言えないだろう。[:]

日本自動車メーカーのブレグジット・ショック

25060445_-xlarge英国の欧州連合離脱が決まった国際投票結果は多くのビジネス代表者達を唖然とさせた。このために英国に工場を持っているトヨタ、ホンダや日産などの日本自動車会社達にに大きな影響があるかもしれない。

彼らは作業の一部分か全てをヨーロッパの他の場所へ移転するかもしれない。ファイナンシャルタイムズはトヨタやホンダはもしイギリスで製造されてヨーロッパで販売される車に欧州連合が徴収するようになったら75%の確率で製造を英国から抜き出すと報告した。日経はトヨタの予想は関税が10%上昇するということで、それは売上にも利益にも影響を与える。ダービーシャー州で主要な工場を置いているトヨタは新しいハイブリッド・モデルは英国で造らないだろうとタイムズはいう。

イギリスの東北で7,000人を雇う日産にはパートナー会社のルノーから幾つかの作業をフランスへ移動せよという圧力が増加しているとタイムズは報告した。そしてそれは日産のリーフ電気自動車の製造に影響を与えると報告した。

ウォールストリートジャーナル紙は野村證券が日本の代表的な自動車製造者7社の売り上げ予測をブレグジット後に低くしたと報告した。 しかし野村のアナリストの桾本正孝はイギリスとヨーロッパ間での苦痛な貿易戦争は予想していない:「英国とヨーロッパ間での自動車貿易は大量なためにそのようなリスクは小さいであろうし、関税向上の両側にとっての否定的な影響もある。」

ブレグジッド後に、ポンドが下がり日本円が上がった。円はポンドと比較的には去年から30%上回っている。ポンドの値下がりはイギリスからの輸出を安くし、それは英国を拠点とする製造者にとって利益のある可能性のあることである。したし多くの投資者はポンドから日本円も含める他のいわゆる安全な通貨に投資金を移動している。自動車メーカーも含める日本からの輸出者にとって円高は困難なものとみられている。

「ポンドの低落は輸出の競争をもっと激しくするので売上を押し上げてそれと共にイギリスでの生産も増えるであろう」、とアストン大学のデイビット・ベイリー教授はデイリー・テレグラフに語った。「しかしそれは部品の輸入の値上げともなる、そして英国製の車の部品は70%あたりが輸入品である。」

ベイリー教授は国際投票で離脱派の人達が要求したヨーロッパとイギリス間での自由な労働移動の停止の自動車企業への影響について警告をした。彼は「英国の自動車企業は30,000の求人がありヨーロッパからの熟練労働者を雇わなければならないのである。」と言った。[:]

US軍の在日に対しての大集団抗議運動

300AC611-16E8-4620-AB13-4B361A1FD3F2_cx0_cy6_cw0_w987_r1_s_r1
数万人の人たちがアメリカ軍の存在に対しての怒りをこめた抗議デモに参加した。

その一方、あるロシアの代表団は第二次世界大戦以来平和条約の行き詰まりを打開するために東京に歓迎されている。

日本の敗戦後すぐにアメリカは日本を基地として使いだした。

4万7千人の在日アメリカ駐留軍の内3万人近くが小さな熱帯の島沖縄に滞在している。経済的に貢献はしているが地元の人たちは彼らの存在を不快に思っている。

その怒りは5月に元米国海軍が地元の女性の死に関わった理由で逮捕された後もっと深刻になった。

先週末6万5千人以上の人たちが沖縄での米国海軍滞在に対してのデモに参加した。その数日後、7千人が東京の議会の傍でデモを行った。

日本政府は沖縄基地の評判は良くないということは認識しているが受け入れる以外何もできない。日本内での大きい軍滞在の見返りに米国は味方である日本を侵略から守ってくれるという約束がある。

最近、阿部首相が新たに取り上げた日本軍が米国も含めた軍事同盟国を守るというセキュリティーの法律以来、アメリカとの防衛関係は強まっている。

これらの法律は日本憲法に絡まんだ平和主義の概念を広い意味で訳していて不人気である。調査によると日本人口半分以上がそれらに反対している。

しかし防衛の必要は今週の北朝鮮のミサイル発射でさらなり明らかにされた。

日本の中谷防衛大臣は日本への脅しは強まってきていると返答した。

公式な通報によると北朝鮮の金正恩は「我々は太平洋にある米軍領土を全面的かつ実際に攻撃する能力を確保した」といったということだ。

そんな交戦の中日本はできる限り周りの国との平和を保ちたいと祈っている。

日本と韓国は直通リンクも含む両国の防衛省内での緊急通信システムを拡張するという合意につい最近達した。

さらに日本はベトナム、インドネシアや他の南シナ海付近の国とのもっと良い軍事関係を求めている。

これをより複雑にするのは日本が韓国、ロシアと中国とともある島々の領土に関してもめているということである。

しかし北朝鮮からのさらなる圧力とアメリカへ対して高まっている不満の気持ちの中日本の外交官は隣国が敵国とならないように頑張っている。[:]

マスコミの嵐が東京知事を掃出す

n-masuzoe-a-20160607-870x575

日本で最も有名な政治家の内の一人の辞任は毎週発行されているゴップ雑誌、週刊文春の力を思わせた。

東京都の知事である舛添要一は経費のスキャンダルの末辞任したと強力な人達の裏話を専門とするその雑誌は公開した。

その雑誌は金を支払い秘密の技を使って有名人に関したニュース手に入れるのだがスキャンダルが大きければ大きいほどいい。

プライバシーや階級組織などにとても敬意を示す国なのにこの週刊雑誌のレポーター達はルール違反をしてまでも記事を収集している

ほとんどの人は週刊文春などの雑誌に載っている記事は信じないと言うが、他のマスコミの記者たちがその舛添氏に対しての疑いを新聞やテレビで繰り返し報道した。

ソーシャルメディアもそのゴシップを広ませた。

舛添氏に対しての主張はまず四月に雑誌に四月に載せられた。それは彼が政治用の費用を個人用のホテル滞在、食事代や美術品のために使っていたという主張を含んだ。

舛添氏はお金の会計に幾つかの間違いはあったが全ての支出は正当であったと言い張った。

しかしながらマスコミは盛り上がり、彼が辞める直前の世論調査は知事に対して97%の不支持率を示した。

これは週刊文春が漏らしたスキャンダルによる今年三回目の辞任である。

まずは経済産業大臣の甘利明が堕落の疑惑の後辞任した。

数週間後、雑誌は宮崎謙介という国会の一員が妻が子供を産む数日前に不倫をしていると報告した。それは優しい家庭的な男といった彼のイメージを崩した。

甘利氏と宮崎氏は日本の外ではほとんど知られていなかったが、舛添氏は注目を集めていた人だったので彼の辞任は国際的に大きなニュースとなった。

記事の幾つかは結構判断を下していた。デイリー・テレグラフは「知事は傲慢で権利意識を見せている。」と観察した。

それは私が舛添氏と去年ロンドンでの会議で出会ったとき受けた印象とはとても違う。彼の素晴らしい英語と楽しさがすごいと思った。

しかし、都知事のロンドンも含んだ海外出張は、彼がファーストクラスに乗り従業員の人達をビジネスで飛ばせたので高額であった。

ジャパンタイムズは9回の海外出張が二億円を超したといった。

添氏の活気力と楽しさが東京の投票者の目をひいたのだ。人は彼が信頼出来て誠実な人であることも願っていた。特にそれはその前の東京知事もスキャンダルのせいで2013年に辞めているからでもあるがろう。舛添氏は全国放送のテレビや他のメディアなどで「金権政治」を大声で批評していた。彼は大学教主の誠実なイメージを自分のために彫り上げた。

政治家の辞任は日本のイメージを良くはしない。海外の読者たちは広まった堕落は日本政治の特質であるという印象を受けるであろう。

でも舛添氏に対してのみんなの意見は、日本社会を囲めている礼儀正しさと敬意をよく粉砕する雑誌である週刊文春から来ているということを覚えていてほしい。

Click here to Reply or Forward