お金を借り続ける-やらない意味がない!

BN-PE110_0729as_J_20160729010626これはジャパンタイムズによる経済・金融政策に関する記事には適切な見出しである。

新聞は「過剰債務が常に懸念される」それはより多くの政府の借入を奨励するようになったと述べた。「それは、金利が低いとき借りたとしても意味がないものではありません」とも述べた。「中央銀行家は彼らの一部行っている、それらのかれらの行動は政治家の責任です。」

新聞は、日本銀行の今週の金融政策決定会合に応答した。そこにはヘッドラインはなく、その会議から変化はつかめなかった。しかし、国際的なメディアは最も重要な点は、銀行は当分の間、-0.1%でマイナス圏にその重要金利を維持する予定であるということである、と結論付けた。-0.1%の、短期金利を維持することに加え、長期金利もまた続き、得に10年国債においては将来的にゼロに近くなるであろう。

分析では、エコノミストは日本銀行の政策は、「彼らはまた、低金利だけでなく彼らはそれをフラットにする。」

日本銀行の目標は、インフレーション率を2%に上がることができる環境を作ることである。したがって、国債の買収を通じて、高価なQEプログラムを継続していく。私が先週のブログで説明したように、その目標が達成されない限り、銀行は深刻な信頼性の問題を抱えているであろう。

日本銀行の政策は、超低金利とQEプログラムを実施している欧州中央銀行と似ている。これとは対照的に、米国連邦準備制度理事会は金利を引き上げる準備ができている。それは、今年のとても早い段階で行うことを望んだが、米国の選挙の結果の不確実性を含むいくつかの要因によって行うことができなかった。

アンドリュー・ウィルソン、ゴールドマン・サックス・グローバル・アセット・マネジメントの最高経営責任者(CEO)はBBCに語った;私は米連邦準備制度によって潜在率を削減することは、市場でよく割り引いていると思う。他の中央銀行が反対方向に行っているので、私はそれが広範でグローバルな影響を与えることになるとは思わない。

「連邦準備制度と同時に金利を上げています。日本銀行と欧州中央銀行の意志によって作成された流動性の量。 私たちは、長期間、比較的低レベルのグローバル金利を維持すると思います。」

さらに、日本銀行の目標の到達あるいはすぐれたなにか。2%のインフレーション目標は野心的で信じ難いものであるが、それは何もしないことよりはいいことではないのかということは想像しがたい。

日本銀行の信頼性は危機に直面

http-%2F%2Fcom.ft.imagepublish.prod.s3.amazonaws日本銀行は、フィナンシャル・タイムズ紙によると、信頼性が危機的状況である。

日本経済を活性化しようとするために使用している戦術はまだ機能しておらず、対処不可能と思われる約束をした。

そのため、銀行と黒田東彦知事への信頼は、日本国内と海外の両方から失われている。

日本銀行は“2年以内に”日本のインフレ―ション率を2%上げることを約束しました。銀行の元政策立案者、白井さゆり氏は、日本は二十年以上それほど高いインフレーションに達していないと指摘した。彼女は今がインフレーション・ターゲットを1%にカットする時であると信じている。

その方法は日本銀行がインフレを作成しようとしていることにより、-0.1%のマイナスの基準金利を含みます。これは効果的システムに自身の現金を維持するために、銀行のお金を補充し、消費者や企業に多くを貸し、それらを促進するように設計されています。

しかし、フォーブス・アジアは、政策が融資を阻止すると主張しています。イナスの金利はすぐ-0.2%から-0.1%に増加させることができるだろうと推測しています。発表は9月21日の銀行の政策会合によるものである。

負の金利は、銀行に貯蓄の為にお金を入れている多くの高齢の人々からは歓迎されない。日本は世界で最も高い国の貯蓄率のひとつである。

陰性率は、日本の政策の銀行の中で最も高価なものではない。これは現在、日本国債80兆円($780億)を1年で買っている。

時々、量的緩和として知られている政策は、システムにお金をあふれさせるように設計されている。; “お金の印刷”ジャーナリストは時にそれを参照する。しかし、それは政府が将来に支払わなくてはいけない借金の山に追加される。また、政府が借入に資金を供給するために、銀行を使用することによって、システムを中断する。

ほとんどの人にとって、膨大な数の専門用語は、複雑な金融政策を把握するのを困難にする。しかし、誰もがより高いインフレと持続的な経済成長の目標は、まだ満たされていないと考えている。

これは日本の銀行と緊密に協力している日本の安倍晋三首相の信頼性を失う。

人々は政府と中央銀行の両方で信頼を失った場合、皮肉の環境をつくるだろう。もちろん、日本は2008年の金融危機後の経済混乱への対応に苦労するただひとつの国ではない。

しかし、他の国は彼らが崩壊した約束と不信の証跡を残す場合、日本の政策を真似することはないであろう。

北朝鮮がミサイル発射で“火遊び”

Unknown-20北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)総書記は、北朝鮮人民軍に核兵器開発計画を推し進めるよう呼び掛けた。これは北朝鮮が今週、日本海へ向け弾道ミサイル3発を発射した後に行われた。

日本の安倍晋三首相はミサイル発射を「言語に絶する暴力行為」と非難した。

韓国のソウルにある北朝鮮研究大学の柳吉在(リュ・ギルジェ)教授によると、北朝鮮は今年初めに核実験を行ったが、今やその狙いは核兵器を小型化し、ミサイルに装着できるようにすることにある。

柳教授は2013年から15年まで韓国の統一部長官を務めていた。

今週、ロンドンの王立国際問題研究所でスピーチを行った同教授は、現在の状況を“爆発寸前”と形容し、金正恩氏を「いつ何時にも発火する恐れのある火器で遊ぶ子供のよう」と例えた。

また、北朝鮮の脅威は冷戦時代の最盛期にも匹敵すると発言。金氏の目指すところは自らの権力を確固たるものにし、2011年に死去した父親の金正日(キム・ジョンイル)氏の統率力との差別化を図ることだとした。

柳教授は、自身は国連による北朝鮮への制裁措置を支持しているが、北朝鮮は体制に大きな影響を与えることなく何年にもわたりこの制裁に持ちこたえてきたと主張。また、首都の平壌(ピョンヤン)近辺では経済状況が改善してきた兆しが見えるものの、地方は貧困にあえいでおり、人道的援助が必要だと付け加えた。

私は同教授に、北朝鮮に関する日本や韓国、中国からは一貫性のあるメッセージが発信されていると信じるか尋ねてみたところ、教授はこれら3国は大まかな部分では合意しているが、見解はそれぞれ異なる、それは特に日本と韓国が米国の同盟国であるからだと答えた。

柳教授は日本に対し、北朝鮮の攻撃に備えるため、ミサイル防衛システムを配備するべきだと訴えている。

教授は北朝鮮の指導者が変わる2つのシナリオを提示してくれた。一つは“暗殺やクーデターによって”。だが“その可能性は高くはないだろう”と付け加えている。

もう一つのシナリオは、北朝鮮がより開かれた国になり、国民が自分たちを他国の国民と比較することができるようになること。そうなればこれは市場志向型経済の萌芽が生まれ、最終的には現体制を徐々に崩壊させることにもつながる。しかし、これに対しても教授は“現時点でそれは起こるとは思えない”としている。

柳教授は、自分の望みは韓国と北朝鮮が統一されるのを目撃し、アジア地域の平和と発展に貢献することだと繰り返すが、一方でそのゴールはあまりにも遠いように思えるとも語る。

今週、日本と韓国の両首脳はソウルで会談を行い、北朝鮮のミサイル発射を非難。また、過去に両国を分裂させた“慰安婦問題”に関する進展がみられたとも発表している。