中国の戦艦が日本での恐怖感を高める

1485926844243322004
中国はまたもや日本政府から強く批判され、既に日本広々でよくない中国の印象を余計ひどくすることになった。

この批判は中国海軍艦艇が日本と中国間の島々にの近くを通ったあとにでた。

日本が尖閣諸島と呼び、中国がディアオユと呼ぶこれらの島達は長年のこと揉めるきっかけとなっている。

「このようなことが緊張感をもっと高めてしまうのではないかが心配だ」と内閣官房長官 の菅義偉が東京での記者会見で発言した。

日本と中国間でのその島々に関しての対立はいつでも大きなマスコミの注目を得るがそれは武装の対立になる恐れのためである。

その話が広まるにつれ、時事通信社などの新聞社は国際的な観客を前に日本と中国内間の緊張感は危ないレベルまで上がっていくと示唆している。

中国のマスコミは恐怖の炎を煽り立てる。CBSによると中国が日本の海岸周囲の領土権を確保しようとしているといった話題などが中国テレビにずっとかかっているという。

領土権についての対立の他に日本と中国はまだ度々20世紀の歴史の解釈に関してもめることもある。

日本人はもう後悔し、あやまったと思っているのにかかわらず、中国は日本帝国の歴史を批判し続ける。

日本人は中国が頻度に歴史的に悲惨な出来事を自国の政府関係、特に中国共産党の確証のためなどに使っていると思っている。

今週戦争の事を明確に思い出させる出来事が起こった。第二次世界大戦の時に炭鉱で中国人を強制労働のために扱った日本会社が何千人もの被害者と彼らの家族に誤り、賠償すると合意した。

中国や朝鮮半島などからの労働者を雇う数十個の日経会社の一つである三菱マテリアルは生き残っている被害者と死者の家族全員に100,000元(US$15,000)ずつ支払うといった。

歴史や領土関係の論争問題以外には中国と日本の企業関係は強い。 史上最上の旅行者数が今が日本を訪れていて彼らの派手な買い物習慣はめでたく受け入れられている。

ジャパンタイムズは今週、東京で毎週日曜の午後に開催されている中国語言語交換会に参加されている人達の親しい仲についての記事を出版した。

「日本国民のほとんどは敵意を持たず戦争に反対している。」とそのイベントに参加した若い中国人の学生、フー・ジユンが言った。彼は日本人友達と喋ったときの印象は中国のテレビから受け取る印象とは違うと言った。

新聞は日本で長期滞在してるデュアン・ユエゾングとも話した。「両方の国のほとんどの人々は互いの国についての情報を一般的にマスコミから得るもので、それは事実から離れているので信頼感を衰えるという影響がある。」と彼は言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です