日本自動車メーカーのブレグジット・ショック

25060445_-xlarge英国の欧州連合離脱が決まった国際投票結果は多くのビジネス代表者達を唖然とさせた。このために英国に工場を持っているトヨタ、ホンダや日産などの日本自動車会社達にに大きな影響があるかもしれない。

彼らは作業の一部分か全てをヨーロッパの他の場所へ移転するかもしれない。ファイナンシャルタイムズはトヨタやホンダはもしイギリスで製造されてヨーロッパで販売される車に欧州連合が徴収するようになったら75%の確率で製造を英国から抜き出すと報告した。日経はトヨタの予想は関税が10%上昇するということで、それは売上にも利益にも影響を与える。ダービーシャー州で主要な工場を置いているトヨタは新しいハイブリッド・モデルは英国で造らないだろうとタイムズはいう。

イギリスの東北で7,000人を雇う日産にはパートナー会社のルノーから幾つかの作業をフランスへ移動せよという圧力が増加しているとタイムズは報告した。そしてそれは日産のリーフ電気自動車の製造に影響を与えると報告した。

ウォールストリートジャーナル紙は野村證券が日本の代表的な自動車製造者7社の売り上げ予測をブレグジット後に低くしたと報告した。 しかし野村のアナリストの桾本正孝はイギリスとヨーロッパ間での苦痛な貿易戦争は予想していない:「英国とヨーロッパ間での自動車貿易は大量なためにそのようなリスクは小さいであろうし、関税向上の両側にとっての否定的な影響もある。」

ブレグジッド後に、ポンドが下がり日本円が上がった。円はポンドと比較的には去年から30%上回っている。ポンドの値下がりはイギリスからの輸出を安くし、それは英国を拠点とする製造者にとって利益のある可能性のあることである。したし多くの投資者はポンドから日本円も含める他のいわゆる安全な通貨に投資金を移動している。自動車メーカーも含める日本からの輸出者にとって円高は困難なものとみられている。

「ポンドの低落は輸出の競争をもっと激しくするので売上を押し上げてそれと共にイギリスでの生産も増えるであろう」、とアストン大学のデイビット・ベイリー教授はデイリー・テレグラフに語った。「しかしそれは部品の輸入の値上げともなる、そして英国製の車の部品は70%あたりが輸入品である。」

ベイリー教授は国際投票で離脱派の人達が要求したヨーロッパとイギリス間での自由な労働移動の停止の自動車企業への影響について警告をした。彼は「英国の自動車企業は30,000の求人がありヨーロッパからの熟練労働者を雇わなければならないのである。」と言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です