マスコミの嵐が東京知事を掃出す

n-masuzoe-a-20160607-870x575

日本で最も有名な政治家の内の一人の辞任は毎週発行されているゴップ雑誌、週刊文春の力を思わせた。

東京都の知事である舛添要一は経費のスキャンダルの末辞任したと強力な人達の裏話を専門とするその雑誌は公開した。

その雑誌は金を支払い秘密の技を使って有名人に関したニュース手に入れるのだがスキャンダルが大きければ大きいほどいい。

プライバシーや階級組織などにとても敬意を示す国なのにこの週刊雑誌のレポーター達はルール違反をしてまでも記事を収集している

ほとんどの人は週刊文春などの雑誌に載っている記事は信じないと言うが、他のマスコミの記者たちがその舛添氏に対しての疑いを新聞やテレビで繰り返し報道した。

ソーシャルメディアもそのゴシップを広ませた。

舛添氏に対しての主張はまず四月に雑誌に四月に載せられた。それは彼が政治用の費用を個人用のホテル滞在、食事代や美術品のために使っていたという主張を含んだ。

舛添氏はお金の会計に幾つかの間違いはあったが全ての支出は正当であったと言い張った。

しかしながらマスコミは盛り上がり、彼が辞める直前の世論調査は知事に対して97%の不支持率を示した。

これは週刊文春が漏らしたスキャンダルによる今年三回目の辞任である。

まずは経済産業大臣の甘利明が堕落の疑惑の後辞任した。

数週間後、雑誌は宮崎謙介という国会の一員が妻が子供を産む数日前に不倫をしていると報告した。それは優しい家庭的な男といった彼のイメージを崩した。

甘利氏と宮崎氏は日本の外ではほとんど知られていなかったが、舛添氏は注目を集めていた人だったので彼の辞任は国際的に大きなニュースとなった。

記事の幾つかは結構判断を下していた。デイリー・テレグラフは「知事は傲慢で権利意識を見せている。」と観察した。

それは私が舛添氏と去年ロンドンでの会議で出会ったとき受けた印象とはとても違う。彼の素晴らしい英語と楽しさがすごいと思った。

しかし、都知事のロンドンも含んだ海外出張は、彼がファーストクラスに乗り従業員の人達をビジネスで飛ばせたので高額であった。

ジャパンタイムズは9回の海外出張が二億円を超したといった。

添氏の活気力と楽しさが東京の投票者の目をひいたのだ。人は彼が信頼出来て誠実な人であることも願っていた。特にそれはその前の東京知事もスキャンダルのせいで2013年に辞めているからでもあるがろう。舛添氏は全国放送のテレビや他のメディアなどで「金権政治」を大声で批評していた。彼は大学教主の誠実なイメージを自分のために彫り上げた。

政治家の辞任は日本のイメージを良くはしない。海外の読者たちは広まった堕落は日本政治の特質であるという印象を受けるであろう。

でも舛添氏に対してのみんなの意見は、日本社会を囲めている礼儀正しさと敬意をよく粉砕する雑誌である週刊文春から来ているということを覚えていてほしい。

Click here to Reply or Forward

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です