主なパブリックスピーキングコースのご紹介

以下は特に人気のコースの一例です。他にも様々なコースがございますのでお気軽にご連絡ください。

ビジネスピープルのためのパーソナルone-to-oneコーチ

スピーチの内容が聞き手に忘れられることなく、且つ、一緒に仕事をしたいと思われるよう、コミュニケーションスキルを次のレベルへ。コンファレンスやイベント、外交などを含めた様々な機会で自信をもって話せるようサポートいたします。
コース内容詳細はこちら

グループトレーニング: チームのコミュニケーション力向上

社内でのコミュニケーション向上、お客様やビジネス関係の人と自信をもった話し方などについて、社内研修向けのコースを提供いたします。特に英語でのコミュニケーションに自信をつけたい日本人の皆様に特化したコースになっております。
コース内容詳細はこちら

コース詳細

ビジネスピープルのためのパーソナルone-to-oneコーチ

セッション1: 聞き手とつながる
  1. コミュニケーションとしてのスピーチやプレゼンテーションの役割を理解する
  2. 聞き手はどのようなことを理解し記憶するのか
  3. 聞き手がどのような人たちなのか調べる

  4. 聞き手にとって重要なアイデアを見つける
  5. ストーリーを用いたシンプルなフォーマットを用いる
セッション2: 自信をもって伝える
  1. 適した声のトーン、ジェスチャーや表情について
  2. 不安について考えることによって、緊張している時にも上手くスピーチをするには
  3. 複雑な情報をわかりやすく表現するには
  4. 熱意を伝えるには
  5. スピーチ後に聞き手(他の参加者)との連絡を続ける
セッション3: 効果的なビジュアルエイド
  1. スピーチをサポートするための美しくわかりやすいスライドの作り方を学ぶ
  2. よくあるパワーポイントの間違いを避ける
  3. スピーチを作り上げることによって、ビジュアルと言葉が一致する
  4. シンプルさを保つことでスライドを作る時間とエネルギーを節約する
  5. 単なるスライドではなくビジュアルエイドを使う

グループトレーニング: チームのコミュニケーション力向上

セッション1: よいコミュニケーションの原則
  1. わかりやすいコミュニケーションの重要性を考える
  2. プレゼンテーションの目的を理解する
  3. 明瞭にメッセージを伝える練習する
  4. エキスパートから学ぶ
  5. メッセージを伝えるために”ストーリー”を用いる
セッション2: 自信あるコミュニケーションをとるために
  1. パブリックスピーキングの不安を具体的に探し出す
  2. 聞き手の数に関わらず、自信をもって登場するために
  3. 質疑応答を上手く行うには
  4. 良いマイクの使い方について
  5. スピーチが確実に理解され、記憶に残るために
セッション3: 興味をもてる会議とは
  1. 良い司会進行: 興味を持続し、時間配分に気をつける
  2. 会議のゴールを明らかにし、関連のある内容のみに集中する
  3. 参加者を交えたディスカッションの進行
  4. 参加者に働きかける高度なテクニックを身につける
  5. 国際的なイベントでの通訳者との効率的な仕事の仕方