Is your dog looking for a friend?

photoNext time I go to Osaka, I want to meet the people who have created a dating app for dogs.

It is a bit like Tinder, a mobile phone dating app for people, but this version lets you spend time with someone else’s pet.

The concept is not especially new. I remember making a radio programme for the BBC about dog dating in Tokyo some years ago.

At that time, people went to a shop and chose a dog from among the “professional” animals. They paid the shop owner money to take the dog away for a few hours, usually for a walk in the park.

This new mobile phone app connects “amateur” dog owners with dog renters, without any shop involved.

The concept is similar to Tinder and to other so-called “disruptive” types of business like the room rental service AirBNB or the taxi service Uber.

The idea of encouraging small start-up companies to develop innovative ideas, such as mobile phone apps, is relatively unusual in Japan.

The people who made Meet My Dog are based at The Lab in Osaka. The Lab brings together small companies and encourages them to pool their talent and ideas. It is backed by Osaka’s city government.

In fact, encouraging innovation is part of the Abenomics programme of Prime Minister Shinzo Abe.

It is not just Japan which could benefit. A senior economist told me this week that innovation is key to raising Asia’s economic output.

The economist, Shang Jin-Wei, works at the Asia Development Bank, based in Manila. Its main goal is to help the poorest parts of Asia out of poverty. Mr Jin-Wei is Chinese. The bank’s president Takehiko Nakao is Japanese.

Mr Jin-Wei told me that for every one percent that China’s economic growth slows, Japan can expect a slowdown in growth of a quarter of one percent. That does not sound much but it would be enough to drag Japan back down into recession.

He said that one way to counter the Chinese slowdown is for Asian countries to “introduce reforms to raise labour productivity and invigorate growth potential.”

Productivity – the amount of output produced for each hour worked – is quite hard to measure. But by most standards, Japan’s productivity is low compared to other developed countries.

I asked Mr Jin-Wei what would boost productivity. His answers are based on his consideration of Asia as a whole.

As well as innovation, Mr Jin-Wei recommends investment in infrastructure.

He said another way to grow an economy is to encourage people out of low productivity jobs in the countryside and into more productive jobs in cities. He also recommended reform of state owned enterprises and reform of the financial sector.

Finally, he said productivity rises when women are encouraged to work. He didn’t say anything about dogs.

Register to subscribe

photo

次回大阪に行く時、犬用の出会い系アプリを作成した人達と会ってみたい。

人の出会いアプリであるティンダーに少し似ているのだがこれは人が他人のペットと一緒に時間を過ごせるようにする、といったものだ。

これは特に新しい概念ではない。数年前BBCのために東京で犬とのデートについてのラジオ番組を作ったこともある。

あの頃は人は店へ行き、「プロ」の動物のなかから犬などを選んだ。店主にお金を支払い犬を数時間、たいてい公園への散歩などに連れて行ったのであった。

この新しい携帯用アプリは「アマチュア」の犬の飼い主達と犬を借りたい人たちを店を経由せずに結びつけるのである。

概念はティンダーや、部屋貸し出しサービスのAirBNBやタクシー系のUberなどのような、いわゆる破壊的技術のビジネスサービスに似ている。

日本では小さいスタートアップ企業に携帯用のアプリなどの革新的なアイディアを促進するということはあまりない。

Meet My Dogを作ったのは大阪の The Labだ。The Labは小さな企業を集めて能力とアイディアを結合することを促進している。そして彼らは大阪市役所からの後援を受けているのだ。

実際に、革新的なことを促進するのは安倍晋三首相のアベノミクスの政策の中に含まれている。

こういったことから利益を得るのは日本だけではない。今週あるシニアエコノミストは私に、革新はアジアの経済的な産出にとって重大なものである、と言った。

エコノミストのシャンジン・ウェイはマニラのアジア開発銀行で働いている。その主な目的は最も貧しいアジアの地域を貧困から抜け出させるための助けをすることである。ジン・ウェイさんは中国人。銀行の社長は日本人の中尾武彦だ。

ジン・ウェイさんは、中国の経済成長の歩みが1パーセント遅くなる度に日本の経済成長は0.25%の景気低迷になるだろう、と私に語った。そんなに大したことではないように聞こえるが、それで日本がまた不況にもどる可能性もある。

彼によると中国の不況を終わらせるための一つの手ははアジアの国々が「労働生産性や経済成長の増進を促す改革を導入する」ことである。

プロダクティビティ —1時間で生産する量、つまり生産性— はなかなか測りにくい。しかしほとんどの基準によると日本の生産性は他の先進国に比べて低い。

ジン・ウェイさんに生産性を向上するのは何かと聞いた。彼の答えはアジアを全体的にみて考えた場合についてである。

ジン・ウェイさんは革新と共にインフラへの投資を推薦する。

経済を向上するもう一つの手としては人々を田舎の生産性の低い仕事から街の生産性のもっと高い仕事へと転勤するように促進することであると彼はいった。そして国有企業や 金融セクターの改革も勧めた。

そして彼は最後に生産性は女性が働くことを促進すると向上すると語った。しかし犬に関しては何も言わなかった。