Action man Abe gets royal welcome

abequeen “I never worry about action, but only inaction.” Those were the words of a British prime minister quoted by Japan’s prime minister this week.

Shinzo Abe used the words from Winston Churchill when speaking to reporters in London.

“We must take action before the world gets bogged down in a crisis,” he said.

The “crisis” that he fears is linked to a global economic slowdown. In Japan, that slowdown could soon drag the country back down into recession.

I was invited to a meeting with Mr Abe at smart London hotel. It was a good opportunity for me to hear directly from the prime minister about his concerns.

Mr Abe came to London as part of a European tour, arranged during Japan’s Golden Week holiday.

In London, he met the current prime minister, David Cameron, at 10 Downing Street.

In the afternoon, he went to Buckingham Palace for an audience with the Queen. In the evening, he went to the Prime Minister’s official residence, Chequers, where he spent the night. Mr Cameron said the more informal setting would be a good place for the two leaders to have constructive talks about difficult foreign policy issues.

Japan will soon host a summit meeting of the leaders of the G7 countries on the island of Ise-Shima. Japan is the chair of G7 this year and Mr Abe wants to raise its international profile.

So in preparation for the summit, his European tour has taken in Belgium, Italy, France, Germany, the UK and Russia, even though Russia is not a G7 member.

Mr Abe said an Abenomics type approach to economic growth would be good for the world. This would include fiscal and monetary stimulus as well as a programme of structural reform.

These policies are widely advocated in parts of Europe, but Britain’s Conservative government rejects the idea of fiscal stimulus. In the UK, government spending is being reduced as part of an austerity programme.

Many of the questions put to Mr Abe by reporters were about Japan’s relationship with Russia. Mr Abe pointed out that there has not been a proper peace treaty between Russia and Japan since the Second World War – a situation he called “regrettable”.

Russia and Japan dispute the ownership of a group of small islands that lie to the north of the Japanese mainland but Mr Abe said that he hopes his talks with Mr Putin will improve relations.

He was also asked about the rising value of the Japanese yen, to which replied “Any drastic fluctuation on the exchange rate will have a major impact on the trade of Japanese companies, which is not desirable.”

And when questioned about the forthcoming referendum on whether Britain should remain a member of the European Union he said: “A vote to leave would make the UK less attractive as a destination for Japanese investment.”

Register to subscribe

abequeen
「私は行動する事よりも、行動しない事こそ心配する.」。これが今週日本首相があるイギリス首相から引用した言葉である。

安倍晋三はロンドンの記者達に語るときにウィンストン・チャーチルの言葉を用いた。

「危機に行き詰まってしまう前に行動をとらねばいけない。」と彼は語った。

彼が恐れているこの「危機」とは世界的不況に関連したことである。そのような不況は日本をすぐにまた不景気に連れ込んでしまうこともできる。

私はロンドンの立派なホテルでの安倍首相との会議へ招待された。首相の懸念を彼から直接に聞ける良い機会だった。

安倍首相は日本のゴールデンウィーク中にヨーロッパのツアーの一か所としてロンドンを訪問した。

ロンドンで彼は現英国首相のデービット・キャメロンとダウニング街10番地で会った。

午後にはバッキンガム宮殿に行き女王に拝謁を許された。夜にはイギリス首相の官邸のチェカーズで一晩過ごした。キャメロン首相は堅苦しくない 非公式な背景がリーダーの二人が困難な外交政策の課題について前向きな議論をするためにいいであろうといった。

日本はまもなくG7諸国の指導者の首脳会議を伊勢島で開催する。今年日本はG7の議長であり安倍首相は国の世界的存在感を上げたがっている。

その準備のため彼のヨーロッパ・ツアーはベルギー、イタリア、フランス、ドイツ、英国とG7のメンバーでもないロシアも巡った。

経済成長に対してのアベノミクス系な対応は世界にとっていいことであると安倍首相は述べた。それは財政刺激策や金融刺激策と共に構造改革等を含む。

こういった政策はヨーロッパの多くで提唱されているが、イギリスの保守政権は金属刺激策のような考えには反対している。イギリスでは財政支出は緊縮政策の一面で減らされている。

記者たちが安倍首相に聞いた多くの質問は日本とロシアの関係についてのものであった。 安倍首相は日本とロシア間でのきちんとした平和条約が世界第二次大戦以来ないという状況は「 遺憾」だと言った。

ロシアと日本は日本本州の北の小さな島々の所有権のことでもめているが、安倍首相はプーティン首相と話して仲が改善できることを願っているといった。

日本円の上がっていることに関しても聞かれた彼の答えは「徹底的な為替の変動は日本企業の防疫に大きな影響を与えて、理想的なことではない。」であった。

そしてまもなく行われるイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票について聞かれたときには「連合から抜けると日本からの投資の視点からの魅力が衰える。」といった。