NHK president faces calls to resign

nhk_logoIs NHK Television – also know as the Japan Broadcasting Corporation – acting as the government’s public relations agency?

Its role is being scrutinised after its president appeared to say it would give priority to official government sources and offer less airtime to people with other points of view.

The comments by Katsuto Momii followed the recent earthquake in Kumamoto prefecture.

He was reported as saying: “If various assessments by experts were broadcast, it would only end up unnecessarily raising concerns among the public.”

Some newspapers, including the Asahi Shimbum, complained.

In an editorial criticising NHK, the Asahi said that Mr Momii has ignored the basic premise of broadcast journalism, which is to accurately reflect a range of views on controversial subjects and not just the opinion of the government.

The Asahi claimed that a citizens’ group has demanded Mr Momii should resign.

Most Japanese people trust NHK but they are have concerns about its accuracy and independence.

They do not want it to “unnecessarily raise concern” but they also do not want it to hide bad news for the convenience of the government.

That is what happened at the time of the Fukushima disaster and it undermined people’s trust in both the government and the media.

In Japan, the relationship between those two institutions has a troubled legacy.

In the run up to the Second World War, almost all the Japanese media was turned into a propaganda tool for the military government. Dissenting voices were suppressed with intimidation and violence.

So the culture of freedom of speech which has emerged since the War is relatively new. It is also relatively unusual in East Asia, where countries such as China routinely censor media reports.

Japanese journalists who work for the major newspapers and broadcasters tend to have a fairly deferential approach towards the government.

This is in contrast to the more adversarial approach of the press in the UK and America, where journalists see it as their role to point out the shortcomings of their leaders.

This week, a senior figure in the Japanese media told me he thought political journalists in Japan often miss the big stories because they are too pre-occupied with trying to predict who will be the next prime minister.

He compared it to sports reporters trying to predict the winner of a horse race.

However, he said there is still a robust and lively media culture in Japan, even though the influence of newspapers is declining as social media grows more popular. 

Register to subscribe

nhk_logo

日本放送協会(NHK)は、政府のPRエージェントなのであろうか?

公式な政府関係のニュースを優先しその他の放送時間を減らす、といったようなことをNHK会長が言ったため彼らの役割が今、注目を集めている。

最近起こった熊本地震後の籾井勝人会長の発言だ。

「複数の専門家からの様々な検討が報道されては、無意味な心配を国民に与えてしまうだけであろう。」と彼が言ったという報告がある。

これに対し、朝日新聞を含めた幾つかの新聞が苦情を呈した。

NHKを批判する記事の中で朝日新聞は、籾井会長は議論を呼ぶ課題について、政府の考えだけではなく様々な考えを的確に報道するという放送ジャーナリズムの基本的な前提を無視している、と指摘した。

朝日新聞はある市民団体は籾井会長の辞任を要求しているといった。

日本人の多くはNHKを信頼しているが、その的確さや独立性に疑いをもっている。

彼らは「無意味な心配」はほしくないが、政府の都合をよくするために悪いニュース隠す、ということもしてほしくない。

福島原発事故の際にもあったように、政府やメディアに対しての人々の信頼を欠くとになる。

日本では政府とメディアは難しい関係である。

第二次世界大戦直前には日本のメディアのほとんどが軍事政権のプロパガンダの役に取り組んでいた。反対意見は脅迫や暴力で抑えられていた。

現在のように自由な発言ができるようになったのは戦後つい最近のことである。中国ではメディアの報告などは検閲されていて、東アジアでは自由な発言はあまりできない。

日本のメジャーな新聞社や報道機関で働くジャーナリスト達は政府に対してある程度の敬意を払っている。

これは、代表者達の欠点などを指摘することが役割だと考え、敵対したアプローチをするイギリスやアメリカのメディアとは対照的だ。

今週、日本メディアで働くベテランの方が、日本の政治記者はよく次の総理大臣は誰だといったようなことを予測しようとしてるために、その他の重大な話題を逃すことがある、と私に語った。

それはスポーツ記者が競馬の勝利者を当てようとするのと似ていると比較した。

しかし日本では、ソーシャルメディアなどの人気が上がるにつれ新聞の影響力が減っているにも関わらず、まだがっしりとした、活発なマスコミ文化があると彼は言った。