Japan car makers stunned by Brexit

[:en]25060445_-xlargeMany business leaders are stunned by the outcome of the referendum in which the people of the United Kingdom voted to leave the European Union. There could be a big impact on the Japanese automotive companies which have factories in the UK such as Toyota, Honda and Nissan.

They may move some or all of their operations to other parts of Europe. The Financial Times said that there is a 75 % chance that Toyota and Honda will cease manufacturing in the UK if the EU imposes an import levy on cars manufactured in Britain and sold in Europe. The Nikkei says that Toyota predicts that this tariff will be 10 %, affecting both profits and sales. Toyota, which has a major factory in Derbyshire, is unlikely to use the UK as the location to build its new hybrid vehicles, according to the Times.

The Times also reported that Nissan, which employs 7,000 people in the North East of England, is under pressure form its partner Renault to move some operations to France. It says this could affect the development of the Nissan Leaf battery-driven car.

The Wall Street Journal said that Nomura Securities has downgraded its profit estimate for the seven major Japanese auto makers following the Brexit. Yet Nomura analyst Masataka Kunugimoto does not expect a bitter trade war between Britain and Europe: “We think the risk is relatively small given the high volume of automobile trading between the UK and the EU and the negative impact for both sides from higher tariffs.”

Since the Brexit, the pound has fallen and the yen has risen. The yen is up around 30 percent against the pound compared to a year ago. The fall in sterling makes exports from the UK cheaper, which is a potential benefit for UK-based manufacturers. However, many investors moved money from the pound into so-called safe haven currencies, including Japanese Yen. A strong yen is seen as a problem for Japanese exporters, including automotive firms.

“Sterling’s depreciation will make exports more competitive so will boost sales and hence production in the UK,” Professor David Bailey of Aston University, told the Daily Telegraph. “But it will also increase the cost of importing components and about 60% of the parts going into the UK-assembled cars are imported.”

Professor Bailey also warned about the impact on the car industry of an end to the free movement of labour between the EU and Britain – one of the demands of the leave campaigners in the referendum. He said: “The car industry in the UK has 30,000 vacancies and needs to be able to hire skilled workers from Europe.”[:ja]25060445_-xlarge英国の欧州連合離脱が決まった国際投票結果は多くのビジネス代表者達を唖然とさせた。このために英国に工場を持っているトヨタ、ホンダや日産などの日本自動車会社達にに大きな影響があるかもしれない。

彼らは作業の一部分か全てをヨーロッパの他の場所へ移転するかもしれない。ファイナンシャルタイムズはトヨタやホンダはもしイギリスで製造されてヨーロッパで販売される車に欧州連合が徴収するようになったら75%の確率で製造を英国から抜き出すと報告した。日経はトヨタの予想は関税が10%上昇するということで、それは売上にも利益にも影響を与える。ダービーシャー州で主要な工場を置いているトヨタは新しいハイブリッド・モデルは英国で造らないだろうとタイムズはいう。

イギリスの東北で7,000人を雇う日産にはパートナー会社のルノーから幾つかの作業をフランスへ移動せよという圧力が増加しているとタイムズは報告した。そしてそれは日産のリーフ電気自動車の製造に影響を与えると報告した。

ウォールストリートジャーナル紙は野村證券が日本の代表的な自動車製造者7社の売り上げ予測をブレグジット後に低くしたと報告した。 しかし野村のアナリストの桾本正孝はイギリスとヨーロッパ間での苦痛な貿易戦争は予想していない:「英国とヨーロッパ間での自動車貿易は大量なためにそのようなリスクは小さいであろうし、関税向上の両側にとっての否定的な影響もある。」

ブレグジッド後に、ポンドが下がり日本円が上がった。円はポンドと比較的には去年から30%上回っている。ポンドの値下がりはイギリスからの輸出を安くし、それは英国を拠点とする製造者にとって利益のある可能性のあることである。したし多くの投資者はポンドから日本円も含める他のいわゆる安全な通貨に投資金を移動している。自動車メーカーも含める日本からの輸出者にとって円高は困難なものとみられている。

「ポンドの低落は輸出の競争をもっと激しくするので売上を押し上げてそれと共にイギリスでの生産も増えるであろう」、とアストン大学のデイビット・ベイリー教授はデイリー・テレグラフに語った。「しかしそれは部品の輸入の値上げともなる、そして英国製の車の部品は70%あたりが輸入品である。」

ベイリー教授は国際投票で離脱派の人達が要求したヨーロッパとイギリス間での自由な労働移動の停止の自動車企業への影響について警告をした。彼は「英国の自動車企業は30,000の求人がありヨーロッパからの熟練労働者を雇わなければならないのである。」と言った。[:]