Abenomics dismays the foreign press

[:en]n-poll-a-20160805-870x625Japan’s finances are being pushed towards a cliff by a prime minister who is drunk on borrowed money.

These are two of the alarming images which were appeared in the international press this week to describe Prime Minister’s Shinzo Abe’s economic policy, Abenomics.

Abenomics is nearly always criticised by the foreign media for being neither innovative nor effective. The latest spending announcement from the prime minister was generally dubbed “disappointing”.

The general view in the foreign press is that fiscal stimulus packages, like the one announced this week, are part of a long-established, boring and unsuccessful attempt to solve Japan’s economic problems by spending borrowed money on wasteful projects.

The key criticism is that this racks up ever more debt for Japan and does not address fundamental issues with the way Japanese society is organised.

The fiscal cliff idea comes from the view that if Japan keeps spending like this, at some point the money will run out and Japan’s economy will face a precipice and then a terrifying, sudden fall.

The claim that the government is “drunk on money” comes from the idea that because the spending is of borrowed money, rather than money derived from tax, it cannot last. Barron’s Asia said Mr Abe is therefore like a drunk person high on a drug which makes his problems worse.

Despite being aware of such criticism, Prime Minister Abe continues to spend money on projects which he hopes will stimulate the economy and keep Japan out of recession.

The measures are popular among Mr Abe’s supporters.

Bloomberg explained that the latest spending package includes funds to provide better port facilities for cruise ships and to accelerate the construction of a high-speed maglev train line.

There is also a substantial sum to help with reconstruction following earthquakes.

And a large proportion of the money is specifically designed to help address the problems associated with an ageing population. For example, it will help to pay for child care for mothers who want to work. Getting more women to work is seen as one way of balancing the number of people who are retiring.

So in the minds of the Japanese, the real test of Abenomics is how well it fits together as a coherent set of policies which benefit the whole of society, including women and the elderly.

Few Japanese people regard it as a perfect solution to a complex set of challenges. But they accept it as a plausible approach even though it does nothing to reduce Japan’s mounting debt.

Register to subscribe
[:ja]n-poll-a-20160805-870x625アベノミクス、海外メディアをろうばいさせる

日本の財政は多くの借金を抱え、それに陶酔している首相によって窮地に立たされている。

これらは今週の国際プレスで登場した内閣総理大臣、阿部晋三、の経済政策アベノミクスを描写した驚くべき画像の二枚。

アベノミクスは常に多くの外国メディアから革新的でも効果的でもないと批判されている。首相の最新支出発表は全般的に「期待外れ、がっかり」と言われた。

外国報道での一般的な見解は今週は発表されたような財政刺激策はであり、日本経済の問題を解決するために無駄の多いプロジェクトに借金を使うという長期のつまらなく失敗の試行の一部である。

主な重要批判は、これはこれまで以上に日本の借金が上げ、また日本の社会編成に関する基本的な問題に対処しないということである。

財政の窮地のアイディアは、日本がこのような支出を維持した場合いつかお金はなくなりそして日本経済は絶壁に立たされ恐ろしいことになりその後急落する、ということからきている。。

支出は借りたお金からのものでありむしろ税からであるので、それを維持することはできない、ということから政府が「お金に陶酔している」という主張がある。

だからバロンズアジアは安部首相は酔っ払い又はドラッグ使用者の様であり彼にとっての問題を悪化させていると述べた。

このような批判を意識しているにも関わらず、安部首相は日本の景気後退を改善させそれを維持することを期待しながら、プロジェクトにお金を費やすことを続けている。

この政策は安部氏の支持者の中では人気がある。

ブルームバーグは、最新の支出には、クルーズ船のためのより良い港湾施設の提供、そして、高速リニアモーターカーラインの建設を加速するための資金が含まれていると説明した。

そこには地震での被災地を支援し復興させるための相当な金額も含まれている。

そしてその金額の大部分は高齢化社会問題に対処するためのものである。例えば働きたい母親のために子供の育児費用を支払ったり。もっと多くの女性達に働いてもらうというとは退職者数との均衡を保つ一つの方法である。

なので日本人の考えではアベノミクスが本当に試されるのは、どのようにして上手く女性や高齢者を含んだ全社会に利益をもたらす政策になるかである。

一連の複雑な問題に対して完璧な解決法であるとは少数の日本人しか考えていない。しかしそれが日本の負債を減らす為には何もしないにも関わらずそれがふさわしいアプローチとして彼らは受け入れでいる。