Renho says Abenomics has stalled

[:en]renho2A woman with a tough reputation for trying to stop Japan wasting money is hoping to be the lead challenger to Prime Minister Shinzo Abe.

Reuters says that Renho has become the clear favourite to become the first female leader of Japan’s biggest opposition party, the Democratic Party of Japan.

She is hoping to succeed Katsuya Okada who recently announced he would resign following poor election results for the party.

Renho, 48, has a a Taiwanese father and a Japanese mother and uses only one name in public life.

She told Reuters that Prime Minister Shinzo Abe’s “Abenomics” policy has stalled and a change of gear is needed to favour people over corporations.

That led one commentator on Japan Today to remark: “Saying “Abenomics” has stalled is like saying the clunking car you were pushing along because it had run out of gas came to a halt because you got tired of pushing.”

Renho is noted for her white suits and robust approach to bureaucracy.

In fact, she was part of the cabinet when the DPJ was in government in 2010. The Japan Times claims that at that time, Renho had several fierce, face-to-face battles with bureaucrats who she thought were wasting taxpayers’ money.

Despite the overall weakness of the DPJ, Renho’s personal popularity seems especially among female voters.

Her bid for party leadership comes at a time when gender is often debated in politics.

This year marks the 70th anniversary of women’s suffrage in Japan. After World War II, Japanese women won the right to vote and run for office. But, 70 years on, women’s representation in both houses of Japan’s parliament remains low by most statistical measures.

However, this year two other female politicians have been in the spotlight. One of them is Koike Yuriko who became the first female governor of Tokyo in the summer.

As Tokyo will host the 2020 Olympics it will make her one of Japan’s faces to the world.
Another high profile figure is the defence minister, Tomomi Inada, the woman dubbed in the Financial Times as “Japan’s Joan of Arc”.

There have been reports in the media that long before taking up the post of defence, Ms Inada said Japan should consider arming itself with nuclear weapons.

This week, it was announced that the Defence Ministry is requesting a record budget of 5.16 trillion yen (£39 billion) including money for new missiles, but not of course any armed with nuclear weapons.

If Renho manages to become leader of the opposition, she will no doubt wish to robustly question Inada on both the strategy and the cost of her proposals.

Register to subscribe
[:ja]renho2日本のお金の無駄使いを停止しようとしている根強い定評のある女性が、安部晋三首相に対して先駆ける挑戦者として期待している。

ロイターは蓮舫氏が、明確的に人気ある日本最大の野党、民主党初の女性リーダーになると言っている。

彼女は最近貧弱な選挙結果の後に辞任を発表した岡田克也氏の後を継ぐことを望んでいる。

蓮舫氏(48)は、台湾人の父と日本人の母を持ち、公共の場では1つの名前のみを使用している。

彼女は、安倍晋三首相の「アベノミクス」政策は停滞しており企業よりも人を優先するために歯車の変化が必要である、とロイターに語った。

それはジャパントゥデイのあるコメンテーターのこのような批判へとつながった:「アベノミクスは失速しているということは、ガソリンを使い果たしたためにあなたが押し動かしていたガチャガチャと音を立てている車が止まった理由は、あなたが疲れたために押さなくなったからだ、ということと同様である。」

蓮舫氏は白いスーツや官僚への強気なアプローチで知られている。

実際には民主党が2010年に政府にいたとき、彼女は内閣の一人であった。ジャパンタイムズは、当時蓮舫は納税者のお金を無駄にしたと思った官僚といくつかの激しい一対一の戦いであった、と主張した。

全体的に弱い民主党に限らず蓮舫氏の個人的な、特に女性の有権者からの、人気はすごい。

彼女の党執行部へのチャレンジは性別がしばしば政治議論に関係している時にある。

今年、日本における女性の参政権の創立70周年を迎えた。第二次世界大戦後、日本の女性は、投票やオフィスに立候補する権利を獲得した。しかし、70年後でも、日本の議会の両院で女性代表は、多くの統計的測定によると低いままである。

しかし今年、他二人の女性政治家が注目されている。そのうちの一人は、夏に東京初の女性知事となった小池百合子。

東京は2020年のオリンピック開催地となるので彼女は世界へ向けての日本人の顔一つとなるであろう。

別の高プロファイルの方は防衛大臣の稲田朋美氏。。フィナンシャル・タイムズ紙は彼女を“日本のジャンヌダルク”と呼んでいる。

その防衛の職につくずっと前にに稲田氏は、日本は核兵器で自身を武装することを検討すべきであるとメディアは報告している。

今週防衛省が新たなミサイルのための資金も含む歴史上最大の約5,16兆円(£390億)の予算を要求しているということが発表された。もちろんミサイルは核兵器で武装されないであろうけど。

もし蓮舫が野党のリーダーになったら彼女は間違いなく稲田氏に対してストラテジーやコスト案に関して強気に問うであろう。