Why did Shinzo Abe dress up as Super Mario?

[:en]shinzo-abe-mario_759_rtrWhen Japan’s Prime Minister Shinzo Abe dressed up as Super Mario and popped out of a pipe at the end of the Olympic Games ceremony in Brazil he was sending a couple of important messages.

Firstly, he wanted to show that he is a fun, friendly person and not an scary nationalist, as he is often portrayed in the Chinese and South Korean media.

Secondly, he wanted to reinforce his image as a super salesman for Japan and a tireless supporter of its business.

Mr Abe’s Mario costume fell away almost the instant he appeared, leaving him standing in a sober suit.
Shinzo Abe has a vision of a prosperous Japan at the heart of global trade. He vigorously advocated Japan’s membership of the Trans-Pacific Partnership, to the delight of big business.

Yet Prime Minister Abe’s commitment to the TPP project caused dismay among people who expected him to be conservative and protectionist. Mr Abe’s opponents accused him of betraying them through a push towards globalisation. Farmers feared the deal would take away their livelihood by tearing down their protection from foreign competition.

Japan continues to seek free trade deals with the European Union and with China and South Korea. In those two countries, another aspect of Mr Abe’s vision – for Japan to play a greater role in global political affairs – sometimes causes unease. Of particular sensitivity is the suggestion that Mr Abe plans to reform the pacifist cause of Japan’s constitution to enable its forces to fight abroad.

Mr Abe himself has warned against “naked nationalism” and the label of nationalist seems somewhat at odds with his globalised world view. However, what matters a great deal in terms of trade is Japan’s image. Japanese corporate success depends on its companies’ ability to provide consumers with goods and services without any disruptions caused by politics.

The best approach is a modest one such as that taken by the Mitsubishi Corporation at Andhra University in India. Its Japanese cultural centre offers students green tea and lessons in the the gentle art of origami. In such a context, promoting Japan is about showing a friendly face to its neighbours. And perhaps inviting them to a session on the Nintendo 64 for a game of Super Mario.[:ja]

shinzo-abe-mario_759_rtr日本の首相安部晋三がブラジルでのリオ・オリンピック閉会式の最後にスーパーマリオの格好で土管の中から出てきたことは重要なメッセージを送った。

まず彼は時折中国や韓国メディアから恐いナショナリストとして描写されることがあるので彼は自身が面白く、親しみやすい人物である事を表したかったのである。

次に、彼は日本のスーパーセールスマンと勤勉な事業の支持者としての彼のイメージを強化しようとしていたのである。

安部晋三が現れるとすぐに、立ちながらにマリオの衣装は脱げ落ち、彼は落ち着きのあるスーツ姿へと変わった。

安倍晋三は、豊かな日本は世界貿易の中心にあると考えている。彼は大企業の喜びのために環太平洋パートナーシップの日本のメンバーシップを力説した。

しかし、安部首相のTPPプロジェクトに対する公約は保守的で保護貿易論者である彼に期待する多くの人を困惑させる原因になった

安倍首相に反する者は、グローバル化に向けた動きを通し彼の裏切り行為と非難した。農家は彼らの保護するモノが外国との競争から引き下がることによって彼らの生活を奪うであろう取引を恐れていた。

日本は自由貿易取引をEUまた、中国と韓国と共に目指し続けている。それらの2つの国において、安部首相の意向の別の側面日本に対し世界政治情勢の中で大きな役割を果たすこれは時々不安の原因である。特に敏感になるのは、安部首相の海外と戦うことを可能にするために日本国憲法の一因である平和主義を改革する計画の提案である。

安部首相は彼自身で裸のナショナリズムに対し警告を出していた、それは幾分か彼のグローバル化された世界観に対立するように思える。

しかしながら、貿易の面での取引で重要な事は日本のイメージ。日本企業の成功は、政治によって引き起こされたいかなる混乱なしに、商品やサービスを消費者に提供するその企業の能力次第である。

最善の道は、インドのアンドラ(Andhra大学で三菱商事株式会社によって取られたような控えめなものである。そこでの日本文化センターは生徒へ緑茶や穏やかな折り紙アートの講義を提供する。このような状況の中で、日本を促進することは近隣国に親しみやすい一面を示すということである。それともしかすれば任天堂64でスーパーマリオのゲーム遊びをすることに誘う、ということも。