Bank of Japan faces credibility crisis

[:en]http-%2F%2Fcom.ft.imagepublish.prod.s3.amazonawsThe Bank of Japan has a crisis of credibility, according to the Financial Times.

The tactics it is using to try to invigorate Japan’s economy are not yet working and it has made a promise which seems impossible to meet.

For that reason, trust in the Bank and its governor Haruhiko Kuroda is undermined both within Japan and abroad.

The promise the Bank has made is to raise Japan’s inflation rate to two percent “within a couple of years.” A former policy maker at the bank, Sayuri Shirai, has pointed out that Japan has not had inflation rate that high for more than two decades. She believes it is time to cut the inflation target to one percent.

The methods by which the Bank of Japan is trying to create inflation include a negative basic interest rate of -0.1%. This effectively charges banks money to keep their cash in the system and is designed to prompt them into lending more to consumers and businesses. However, Forbes Asia claims the policy discourages lending.

There is speculation that the negative interest could soon be increased from -0.1% percent to -0.2%. An announcement is due following the Bank’s policy meeting on September 21st.

The negative interest rate is unwelcome for savers who have put their money into the banks, many of whom are old people. Japan has one of the highest savings rates in the world.

The negative rate is not the most expensive of the Bank of Japan’s policies. It is currently buying ¥80 trillion ($780 billion) worth of Japanese government bonds a year.

This policy, sometimes known as quantitative easing, is designed to flood money into the system; “printing money” is the way journalists sometimes refer to it. Yet it adds to the mountain of debt the government must face in the future. It also interrupts the system by which the government uses banks to fund its borrowing.

For most people, huge numbers and jargon make it difficult to grasp complex monetary policy. Yet everyone can see the targets of higher inflation and sustained economic growth are not yet being met.

This undermines credibility of the Japanese Prime Minister Shinzo Abe who is working closely with the Bank of Japan.
If people lose trust in both the government and the central bank it creates an environment of cynicism. Of course, Japan is not the only country to struggle to respond to the economic disruption following the 2008 financial crisis.

Yet other countries will not wish to copy Japan’s policies if they leave a trail of broken promises and distrust.

Register to subscribe
[:ja]http-%2F%2Fcom.ft.imagepublish.prod.s3.amazonaws日本銀行は、フィナンシャル・タイムズ紙によると、信頼性が危機的状況である。

日本経済を活性化しようとするために使用している戦術はまだ機能しておらず、対処不可能と思われる約束をした。

そのため、銀行と黒田東彦知事への信頼は、日本国内と海外の両方から失われている。

日本銀行は“2年以内に”日本のインフレ―ション率を2%上げることを約束しました。銀行の元政策立案者、白井さゆり氏は、日本は二十年以上それほど高いインフレーションに達していないと指摘した。彼女は今がインフレーション・ターゲットを1%にカットする時であると信じている。

その方法は日本銀行がインフレを作成しようとしていることにより、-0.1%のマイナスの基準金利を含みます。これは効果的システムに自身の現金を維持するために、銀行のお金を補充し、消費者や企業に多くを貸し、それらを促進するように設計されています。

しかし、フォーブス・アジアは、政策が融資を阻止すると主張しています。イナスの金利はすぐ-0.2%から-0.1%に増加させることができるだろうと推測しています。発表は9月21日の銀行の政策会合によるものである。

負の金利は、銀行に貯蓄の為にお金を入れている多くの高齢の人々からは歓迎されない。日本は世界で最も高い国の貯蓄率のひとつである。

陰性率は、日本の政策の銀行の中で最も高価なものではない。これは現在、日本国債80兆円($780億)を1年で買っている。

時々、量的緩和として知られている政策は、システムにお金をあふれさせるように設計されている。; “お金の印刷”ジャーナリストは時にそれを参照する。しかし、それは政府が将来に支払わなくてはいけない借金の山に追加される。また、政府が借入に資金を供給するために、銀行を使用することによって、システムを中断する。

ほとんどの人にとって、膨大な数の専門用語は、複雑な金融政策を把握するのを困難にする。しかし、誰もがより高いインフレと持続的な経済成長の目標は、まだ満たされていないと考えている。

これは日本の銀行と緊密に協力している日本の安倍晋三首相の信頼性を失う。

人々は政府と中央銀行の両方で信頼を失った場合、皮肉の環境をつくるだろう。もちろん、日本は2008年の金融危機後の経済混乱への対応に苦労するただひとつの国ではない。

しかし、他の国は彼らが崩壊した約束と不信の証跡を残す場合、日本の政策を真似することはないであろう。

[:]