“Keep borrowing money – it makes no sense not to!”

[:en]BN-PE110_0729as_J_20160729010626
That would have been a suitable headline over an opinion piece in the Japan Times concerning economic and monetary and policy.

The newspaper said “excessive debt is always a concern” but it went on to encourage more government borrowing. “It makes no sense not to borrow when interest rates are this low,” it said. “Central bankers have done their part, it’s up to politicians to do theirs.”

The paper was responding to this week’s monetary policy meeting of the Bank of Japan. There was no headline-grabbing change to come out of the meeting. But the international media concluded the most significant point is that the Bank plans to keep its key interest rate in negative territory at -0.1%, for the time being. In addition to keeping short-term rates at -0.1%, the bank said it will also keep long-term rates, specifically the yield on ten-year government bonds, at about zero for the foreseeable future.

In its analysis, the Economist said the BOJ policies have “not only lowered interest rates, they have also flattened them.”

The Bank of Japan’s goal is to create an environment in which inflation can climb to two percent. It will therefore continue its costly QE programme through its purchase of government bonds. As I explained in last week’s blog, the bank has a serious credibility problem unless its goal is achieved.

The Bank of Japan’s policies are similar to those of the European Central Bank, which also has super-low rates and a QE programme. By contrast, the United States Federal Reserve is ready to raise rates. It had hoped to do so earlier this year but held back because of several factors, including uncertainty over the outcome of the US election.

Andrew Wilson, the CEO of Goldman Sachs Global Asset Management told the BBC: “I think this potential rate cut by the US Federal Reserve is well discounted by the markets. Other central banks are going in the opposite direction, so I don’t think it will have a broad global impact.

“At the same time as the Fed is moving interest rates up, the amount of liquidity created by the Bank of Japan and the European Central Bank will, we think, keep global interest rates at a relatively low level for a prolonged period.”

Although the Bank of Japan’s goal of reaching, or even surpassing, the two percent inflation target seems implausibly ambitious, it is hard to imagine that things could have been better had it done nothing.

Register to subscribe
[:ja]BN-PE110_0729as_J_20160729010626これはジャパンタイムズによる経済・金融政策に関する記事には適切な見出しである。

新聞は「過剰債務が常に懸念される」それはより多くの政府の借入を奨励するようになったと述べた。「それは、金利が低いとき借りたとしても意味がないものではありません」とも述べた。「中央銀行家は彼らの一部行っている、それらのかれらの行動は政治家の責任です。」

新聞は、日本銀行の今週の金融政策決定会合に応答した。そこにはヘッドラインはなく、その会議から変化はつかめなかった。しかし、国際的なメディアは最も重要な点は、銀行は当分の間、-0.1%でマイナス圏にその重要金利を維持する予定であるということである、と結論付けた。-0.1%の、短期金利を維持することに加え、長期金利もまた続き、得に10年国債においては将来的にゼロに近くなるであろう。

分析では、エコノミストは日本銀行の政策は、「彼らはまた、低金利だけでなく彼らはそれをフラットにする。」

日本銀行の目標は、インフレーション率を2%に上がることができる環境を作ることである。したがって、国債の買収を通じて、高価なQEプログラムを継続していく。私が先週のブログで説明したように、その目標が達成されない限り、銀行は深刻な信頼性の問題を抱えているであろう。

日本銀行の政策は、超低金利とQEプログラムを実施している欧州中央銀行と似ている。これとは対照的に、米国連邦準備制度理事会は金利を引き上げる準備ができている。それは、今年のとても早い段階で行うことを望んだが、米国の選挙の結果の不確実性を含むいくつかの要因によって行うことができなかった。

アンドリュー・ウィルソン、ゴールドマン・サックス・グローバル・アセット・マネジメントの最高経営責任者(CEO)はBBCに語った;私は米連邦準備制度によって潜在率を削減することは、市場でよく割り引いていると思う。他の中央銀行が反対方向に行っているので、私はそれが広範でグローバルな影響を与えることになるとは思わない。

「連邦準備制度と同時に金利を上げています。日本銀行と欧州中央銀行の意志によって作成された流動性の量。 私たちは、長期間、比較的低レベルのグローバル金利を維持すると思います。」

さらに、日本銀行の目標の到達あるいはすぐれたなにか。2%のインフレーション目標は野心的で信じ難いものであるが、それは何もしないことよりはいいことではないのかということは想像しがたい。