Dark deflation era “may end soon”

[:en]“There’s a good chance that Japan will soon be exiting its long dark era of deflation.”

That was the optimistic view expressed by Peter Berezin, who runs global investment strategy on behalf of BCA Research when he spoke to Market Watch this week. “This will be a huge surprise to investors,” he added.

It would also be a surprise to most media commentators who tend to define Japan’s economy as “ailing” or “moribund”. From their point of view, deflation is a symptom of national malaise.

Prime Minister Shinzo Abe and the Bank of Japan have a target of two percent inflation, which seems a long way off. The latest inflation numbers will be announced on Friday but the consensus among economists is that the rate will be less than zero, in other words in deflation territory, despite an experiment with ultralow rates.

Broken promises regarding the inflation target have eroded trust in the central bank and have affected the credibility of Mr Abe. Mr Berezin’s optimistic opinion is that the situation could change soon. His view is based on one of the great strengths of Japan’s economy: its very low unemployment rate, which stood at 3.1% in December.

Mr Berezin believes that this low unemployment and a very high ratio of job openings to applicants will encourage employers to offer pay rises to new recruits and to existing staff. Should this happen, the theory is that the newly enriched employees will go out shopping and this will stimulate the economy and push up prices.

Not everyone agrees with such optimism. Bank of Japan board member Takahide Kiuichi argues that the bank’s 2% inflation target is “unfeasible” due to demographic trends, such as a decline in the population of people of working age.

“Price conditions will remain consistent with the economy’s growth potential,” he says.

Deflation is only part of the picture. A country’s economic success is often measured by overall GDP growth. Japan’s growth has averaged less than one percent annually since the 1990s.

A writer called Kevin Drum has written an intriguing article on Mother Jones which claims that the overall GDP numbers tell a limited story. Mr Drum says: “The key metric to judge whether an economy is in good shape is GDP per working-age adult, since that tells you how productive your workers are.”

He claims that GDP per worker in Japan has risen to a higher rate than the United States. This surprising claim counters the view that Japanese workers are not particularly productive. Hard working, productive staff and a low unemployment rate would justify a rise in wages.

Potentially, women could benefit more than men. Mr Abe’s policy of “womenomics” to encourage more women into the workforce seems to be working. The female labour force participation rate was 50.4% in December 2016, compared to 47.8% when Mr Abe took office in December 2012.

Both women and men would be pleased to take a pay rise, especially if it indicates a greater optimism about Japan’s economic future.

[:ja]暗いデフレの時代は「終わるかもしれない」
2017年2月28日

近々日本が長く暗いデフレの時代から抜け出す可能性は大いにある。」

これは、BCAリサーチを代表してグローバル投資戦略を行っているピーター・ベレジン氏が、今週マーケットウォッチに向けて発表した楽観的な見解である。

これは日本経済を「患っている」、「瀕死の状態にある」と考えている多くのメディア評論家にとって驚くべきものとなった。この観点からいうと、デフレは経済的停滞の兆候であるといえる。

安倍晋三首相と日本銀行は2%のインフレを目標に掲げているが、先は長そうだ。最新のインフレ率は金曜日に発表されるが、経済学者たちの総意は0%以下、つまりはデフレの領域になるだろうというものである。

インフレの目標を達成できなかったことは、中央銀行と安倍首相の信頼の損失という形で影響を及ぼした。ベレジン氏の客観的な意見は、状況はすぐにでも変わるというものである。彼の意見は、日本経済の強みの一つである失業率の低さに基づいている。昨年12月には3.1%にとどまった。

ベレジン氏は低い失業率と高い求人数が、雇用主に新入社員と既存の社員への給与の増加を促すと信じている。これが起こるとなると、理論的には新たに富んだ社員たちが買い物をすることで、経済を活気づけ物価を上昇させることができる。
全ての人がこの楽観論に賛同するわけではない。日本銀行役員である木内登英氏は、人口動態上の傾向、特に労働人口の減少などを理由に、2%のインフレ目標は実現不可能だと主張する。

「物価状況は経済成長のポテンシャルとの一貫性を維持するであろう」と木内氏は言う。

デフレは全体像の一部に過ぎない。国の経済的成功はしばしばGDP(国内総生産)の成長率によって測られる。日本の成長は1990年代から平均して年間1%を下回っている。

ケビン・ドラム記者はマザージョーンズに興味をそそる記事を書いた。GDP(国内総生産)の数字だけでは限られたことしか語れないというものだ。ドラム氏は「経済の状態を判断する材料として最も有効なものは、労働者の生産性を測れることから、労働人口当たりのGDP(国内総生産)である。」という。

ドラム氏はさらに、日本の労働人口当たりのGDPはアメリカのそれよりも高い率まで上昇したと述べる。この驚くべき主張は、日本の労働者の生産性が悪いという見解に相反するものである。勤勉で生産的な労働者と低い失業率が給与の増加を正当化しているのだ。

潜在的には女性のほうが男性よりも利益を得られるといえる。安倍首相が提唱する、「ウーマノミクス」は女性が占める労働人口の割合の増加を促すものであり、機能していると思われる。安倍首相が就任した2012年12月の女性の労働力率が47.8%だったのに対し、2016年12月のそれは50.4%まで増加した。

増給は、特にそれが日本経済の未来を楽観的に示すものならば、女性、男性、どちらにとっても喜ばしいものであると言える。
[:]