Should the government rescue Toshiba?

[:en]Toshiba must reveal the full scale of its financial problems within one month or face being de-listed from the Tokyo Stock Exchange.

The company has twice failed to submit audited accounts which show how much money it has lost on its investment in nuclear power in the United States.

Toshiba has said the problems will cost at least six billion dollars but the full cost could be higher. Toshiba has debts relating to the Westinghouse nuclear power business America. Its auditors say it is difficult to assess the full scale of the problems.

There is now a debate about whether the Japanese government should rescue Toshiba, which employs nearly two hundred thousand people worldwide.

The Financial Times correspondent in Tokyo, Leo Lewis, says that a rescue deal would not fit well with Prime Minister Shinzo Abe’s business policy. He is pressing Japanese corporations to be more accountable to shareholders.

The government is reluctant to bail out companies which lose money through strategic mistakes. Shareholder activist groups complain this often happens in Japan and therefore corporate misdeeds go unpunished.

However, the powerful business group the Keidanren has suggested a rescue is required. The Keidanren’s chairman Sadayuki Sakakibara said “we must find a solution” to Toshiba’s problems because it is such an important company.

Toshiba wants to sell parts of its business to cover its losses. However, there are not many potential buyers for the Westinghouse nuclear power operation in America. There are contradictory reports in the media about whether the Koreans are bidding of if they have ruled themselves out.

Toshiba’s best asset is its memory chip business, known as Nand. The FT suggests that it is worth $20 billion.

The Japanese usually avoid selling companies to foreigners. Therefore, a rescue by other Japanese companies is likely, provided Toshiba can produce a credible, audited set of accounts and avoid the disgrace of having its shares taken off the Tokyo Stock Exchange, where they have been traded since 1949.[:ja]2017年3月24日

東芝は財政問題の全容を1か月以内に明かすことができなければ、東京証券取引所からの上場廃止の事態に直面することになる。

東芝は過去に2度、アメリカの原子力への投資による損失を示す、監査済みの会計報告書の提出に失敗している。

東芝は、問題の解決のためのコストは最低でも60億円、最終的なコストはそれを上回るかもしれないと発表した。東芝はアメリカの原子力ビジネス、ウェスティングハウスに関する債務を抱えている。東芝の監査官はこの問題の完全な査定をすることは難しいだろうと述べた。

世界中でおよそ20万人の社員を持つ東芝を、日本政府が救済するべきかどうかの新たな議論がなされている。

東京のフィナンシャルタイムズの記者、レオ・ルイスは救済制度は安倍首相のビジネスポリシーとは反りが合わないだろうと述べた。彼は日本企業に株主に対する責任をさらに取るように迫っている。

政府は、戦略的なミスにより赤字経営に陥った会社を金銭的に救済することに消極的である。株主アクティビストグループは、これは日本で頻繁に起こっており、それゆえに企業による悪行は罰せられないケースが多いと訴えている。

しかし、強力な企業グループである経団連は救済は必要であると推奨した。経団連の榊原定征会長は、東芝の企業としての重要性を鑑み、問題の「解決策を見つけなければならない」と述べた。

東芝は損失を補うために事業の一部を売却したいと考えている。しかしアメリカの原子力事業であるウェスティングハウスの将来的な買い手は多くない。韓国企業が入札をするのか、退くのかに関して矛盾を含んだ様々な報道がされている。

東芝の最良の資産は、NAND型で知られるメモリーチップ事業である。フィナンシャルタイムズはその価値を200億ドルと示唆した。

日本は通常、外国へ事業を売ることを避ける傾向がある。東芝の、信用性のある監査済みの会計報告書を作成する能力、そして1949年から続く東京証券取引所での取引廃止という不名誉な事態を回避する能力を考えるに、他の日本企業からの救済は起こり得ることであるといえる。